【エスプレッソ】ラテアートに向いてるミルクとは??

コーヒー
スポンサーリンク

ラテアートを作るためにミルクをスチームするが、なかなかピカピカのフォームドミルクを作れない!という人もいると思います。実はこれミルクによってやりやすさが結構変わります!

今回はラテアートに向いてるミルクについてお伝えします。

ラテアート向きミルクは脂肪分とタンパク質で判断!!

結論から言うと脂肪分が3.5%以上、タンパク質3.3前後の牛乳がフォームミルクを作るのに適しています。

上記の数値以下だとクリーミーさがなかったり、数値が上すぎるともったりした感じになります

どの牛乳でもスチームで撹拌できるのですが、数値が低いと特に難しく失敗しやすいです。

特農牛乳でやってみた!

特農牛乳でズチーミングしてみました!!

スチーミング自体は普通のミルクと同じようにできます。

ラテにするとやはり普通のミルクよりミルク感が強くなります。

コーヒーの苦味が苦手な人やよりクリーミーなラテを好む人にはオススメです。

ソイミルクとか他の種類は??

ソイミルクなどの他の種類のミルクになると成分が異なるため、脂肪分やタンパク質での判断も必要ですが、スチームスキルがより必要になってきます。

タンパク質と酸のバランス、スチームによる温度調整などを理解して行う必要があります。

日本では馴染みが少ないですが、僕がメルボルンで飲んだことがあるのはソイミルク、アーモンドミルク、オートミルクそしてココナッツミルクです。

それぞれ練習を重ねれば上手くなると思いますが、普通のミルクと比べるとやはり難しいです。特にココナッツミルクとかは成功したためしがありません笑。

まとめ

ラテアート、そして美味しいラテを作るにはにスチーミングはとても重要です。

そしてミルク選びも大事です。ミルク一つで出来栄えや、スチームの難易度が変わります。何より味が変わるのでこだわりを持って選びましょう。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました