【コーヒー生産国】ネパールコーヒー現状と歴史、7つの事実

スポンサーリンク

ネパールのコーヒーは、近年注目を集める存在となっています。美しい山々と豊かな自然環境に恵まれたネパールでは、特別な風味を持つ高品質なコーヒーが栽培されています。本記事では、ネパールのコーヒー生産の現状と歴史、そして知っておきたい7つの事実について詳しくご紹介します。ネパールコーヒーの魅力に触れ、そのユニークな特徴をぜひお楽しみください。

世界には8000mを超える高峰が14あり、そのうち8つ(エベレスト、カンチェンジュンガ、オーツェ、マカルー、ダウラギリ、マナスル、アンナプルナ、チョーオユー)がネパールにあります。

毎年約50万人のネパール人が職を求めて国外に移住しており、移住者からの送金がGDPの大部分を占める。

スポンサーリンク

ネパールコーヒーの現状

昔から豊かな紅茶文化が根付くネパールですが、紅茶文化を持つ他の国々と同じく、近年はコーヒー文化の台頭が見られます。ダージリン(インド)の紅茶産業の成長に伴い、1863年に政府の出資を受けてイラム茶園が設立されて以来、ネパールで飲み物といえば紅茶です。

最近ではシックなカフェでカプチーノやアメリカーノ を飲みながらおしゃべりをする新たなスタイルが登場しているようです。

ネパールではこれまでに4000軒を超えるカフェがオープンし、国内の年間コーヒー生産量350トンに対して消費量が2500トンと、消費需要が生産能力をはるかに上回っています。生豆の輸入の大部分はインド産のコーヒーで賄われており、中にははるばるオーストラリアやイギリスから輸入される高級焙煎豆もあります。

コーヒー需要増加の主な要因

国外に出ていくネパール人と、ネパールを訪れる外国人観光客です。

2019年の国勢調査によると、毎日1700人以上のネパール人が職を求めて出国しており、国外で就労・留学中のネパール人は合計220万人、実に人口の約8%に当たります。ネパール国内は政情が不安定で経済も発展途上にあたるため職も少なく、より良い生活、質の高い教育、実入りの良い仕事のためなら、ネパール人は地球の裏側まで行くことも厭いません。そんな彼らが帰国後に恋しくなるのが、他国で慣れ親しんだコーヒーなのです。また同調査によると、2019年にネパールを訪れた外国人観光客の数は119万7191人で、その多くがハイキングや登山、バックパック旅行の際に、コーヒーでエネルギーチャージをしています。

ネパールのコーヒー生産地域

ネパールのコーヒー生産地域についてお話しします。まず、ネパールは美しい山々と豊かな自然が広がる国です。そのため、コーヒーの栽培に適した土地がたくさんあります。特に、標高が高く、気温が涼しい地域がコーヒー栽培に向いています。

ネパールの主なコーヒー生産地域は以下の通りです。

  • カトマンズ渓谷:首都カトマンズを含むこの地域は、ネパールで最も有名なコーヒー生産地の一つです。
  • イルム地方:ネパール東部に位置し、高品質なコーヒーが栽培されています。
  • ゴルカ地方:ネパール中央部に位置し、歴史的なコーヒー農場が点在しています。
  • ナワルパラシ地方:西部に位置し、近年コーヒー生産が盛んになっている地域です。

これらの地域は、それぞれの気候と土壌の特性を活かして、異なる風味のコーヒーを生産しています。ネパールのコーヒー生産地域は自然環境に恵まれており、独自の風味を持つコーヒーを生み出すのに理想的な場所です。

ネパールコーヒーの生産量と市場

次に、ネパールコーヒーの生産量と市場について見ていきましょう。ネパールのコーヒー生産量は、まだ世界の主要な生産国に比べて少ないですが、年々増加しています。これには、地元農家の努力と政府の支援が大きく寄与しています。

以下はネパールのコーヒー生産量に関する主要なポイントです。

  • 生産量:ネパール全体での年間生産量は約500トン程度です。
  • 市場:ネパールコーヒーは国内市場だけでなく、海外市場でも注目されています。
  • 輸出:特にアメリカやヨーロッパなどの市場に輸出されています。

これらの要素が組み合わさり、ネパールのコーヒー市場は徐々に成長しています。今後も、生産量の増加と市場の拡大が期待されています。

ネパールコーヒーの品質と特徴

ネパールコーヒーの品質と特徴についてお話しします。ネパールのコーヒーは、その独特な風味と高い品質で知られています。これは、主にネパールの自然環境と栽培方法によるものです。

ネパールコーヒーの主な特徴は以下の通りです。

  • 標高の高さ:コーヒーの栽培は標高1,000〜2,000メートルの高地で行われます。これにより、コーヒー豆がゆっくりと成熟し、豊かな風味を持つようになります。
  • オーガニック栽培:多くの農家がオーガニック農法を採用しており、化学肥料や農薬を使わないため、環境に優しいコーヒーが生産されます。
  • ハンドピック:コーヒー豆は手で丁寧に摘み取られ、品質が高い豆だけが選ばれます。

これらの特徴により、ネパールコーヒーは他の産地とは一味違う、個性的な風味を持つコーヒーとして評価されています。

ネパールコーヒーの歴史

ネパールコーヒーの始まり

ネパールコーヒーの歴史についてお話しします。ネパールでのコーヒー栽培は、比較的最近のことです。コーヒーの栽培が始まったのは、約100年前と言われています。その歴史は、他のコーヒー生産国と比べると浅いですが、ネパール独自の発展を遂げています。

ネパールで初めて芽を出したコーヒーは、1938年にヒラ・ギリという隠者がミャンマーから持ち込んだアラビカ種でした。少なくとも、このコーヒーが植えられたグルミ群の丘陵地帯アープチャウルではそう伝えられています。小さいながらも重要な意味を持つこの革命は、実はその後何十年もの間見過ごされてきました。当時の地元民はコーヒーに作物としての価値を見出しておらず、主に斜面の崩れ防止を目的としてしか植えられていなかったからです。

しかし1970年、80年代に入り、ようやく換金作物としてコーヒー栽培を始める農家が現れます。なかでもグルミで生まれ育ったクリシュナ・プラサド・ギミレは誰よりも先にコーヒー生産に乗り出し、政府の援助を受けて隣国インドから機会を購入して、ブッダ生誕の地から車で1時間のところにある小さな村、マニグラムの精製工場を建設します。こうして1983年ギミレによってネパール初のコーヒー生産業者、ネパール・コーヒー・カンパニー(NCC)が誕生しました。

80年代後半には、コーヒー生産者の増加とともに協同組合も登場し、生産者一丸となった取り組みの甲斐あって、ネパール産コーヒーの取引は国内外ともに拡大していきます。正式な政府機関である国立茶・コーヒー開発局(NTCDB)が設立されたのは、その後迎えた1993年です。政策策定や技術・経営支援を通じてコーヒー業界のさらなる発展を後押し、2003年度ネパールコーヒー政策では、機械の輸入を希望する生産者への助成金の四球や、国内各地でトレーニングやワークショップも行われました。

2014年NTCDBはコーヒー生産者のラージ・クマール・バンジャラ博士をネパールのQグレーダーに認定します。バンジャラ博士が手がけるコーヒーブランド、ヒマラヤンアラビカは、フランス農産物振興庁が主催した第二回産地焙煎コーヒー国際コンテストで、2016年のベストグルメコーヒーに選出されました。さらに2018年以降、ネパールコーヒー生産者協会(NCPA)はスペシャリティコーヒー業界に参入する生産者を増やすべく、国内各地でカッピングや品質に関するワークショップを開催しています。そしてもう一人のネパールコーヒーのヒーローが2020年にコーヒーシーンに突如として現れたニマ・テンジン・シェルバです。コーヒーレビューは彼のレカリ・コーヒー(Lekali Coffee)にSCA方式に基づく官能評価で100点満点中92点を付け、南アジア地域における歴代最高得点を記録したのです。

以下はネパールコーヒーの歴史の主なポイントです。

  • 初期の栽培:コーヒーの木が初めてネパールに持ち込まれたのは、エチオピアからです。当初は試験的に栽培されました。
  • 伝統的な農法:ネパールの農家は、伝統的な農法を用いてコーヒーを育ててきました。この方法は、自然環境を尊重しながら行われています。
  • 近代化の進展:近年、ネパール政府や国際機関の支援により、コーヒー栽培の技術が向上し、生産量も増加しています。

このようにして、ネパールのコーヒー産業は徐々に発展してきました。これからもさらなる成長が期待されています。

近年のネパールコーヒーの発展

近年のネパールコーヒーの発展についてお話しします。ネパールのコーヒー産業は、過去数十年で大きな成長を遂げました。これは、地元農家の努力と外部からの支援によるものです。

以下は近年のネパールコーヒーの発展に関する主なポイントです。

  • 農家の努力:多くの農家がコーヒー栽培に積極的に取り組み、その品質向上に努めています。
  • 政府の支援:ネパール政府は、コーヒー産業の発展を支援するためのプログラムを実施しています。これにより、生産技術の向上や市場の拡大が図られています。
  • 国際的な認知:ネパールコーヒーは、国際的なコーヒーコンペティションで高い評価を受けるようになり、その知名度が上がっています。

これらの要素が組み合わさり、ネパールのコーヒー産業は大きな飛躍を遂げています。今後もさらなる成長が期待されます。

ネパールコーヒーの輸出と海外市場

ネパールコーヒーの輸出と海外市場についてお話しします。ネパールコーヒーは、その品質の高さから、海外市場でも注目されています。特に、アメリカやヨーロッパの市場での需要が増加しています。

以下はネパールコーヒーの輸出に関する主なポイントです。

  • 輸出量の増加:ネパールのコーヒー輸出量は年々増加しています。これは、海外市場での需要が高まっているためです。
  • 市場の多様化:ネパールコーヒーは、アメリカやヨーロッパだけでなく、アジアや中東などの市場にも進出しています。
  • ブランド力の向上:ネパールコーヒーは、その品質の高さから、国際的なブランドとしての地位を確立しつつあります。

これらの要素が組み合わさり、ネパールコーヒーの輸出と海外市場での認知度は急速に高まっています。今後もさらなる拡大が期待されます。

ネパールコーヒーの現状と課題

ネパールコーヒー農家の現状

ネパールコーヒー農家の現状についてお話しします。ネパールのコーヒー農家は、多くの課題に直面しながらも、質の高いコーヒーを生産するために努力を続けています。

以下はネパールコーヒー農家の現状に関する主なポイントです。

  • 農家の数:ネパールには数千人のコーヒー農家がいます。彼らは家族経営の小規模な農場でコーヒーを栽培しています。
  • 労働環境:多くの農家は、手作業でコーヒーを栽培しており、過酷な労働条件に耐えています。
  • 技術の向上:政府やNGOの支援により、農家は最新の栽培技術や知識を学び、生産効率を向上させています。

これらの要素が組み合わさり、ネパールのコーヒー農家は質の高いコーヒーを生産するために日々努力しています。

ネパールコーヒーの課題と解決策

ネパールコーヒーの課題と解決策についてお話しします。ネパールのコーヒー産業は、多くの課題に直面していますが、それに対する解決策も見つかっています。

以下はネパールコーヒーの主な課題とその解決策です。

  • 気候変動:気温の上昇や異常気象がコーヒー栽培に影響を及ぼしています。解決策として、耐寒性や耐暑性に優れた品種の導入が進められています。
  • 資金不足:多くの農家が資金不足に悩んでいます。解決策として、政府や国際機関からの支援が提供され、低金利の融資プログラムも利用されています。
  • 市場の競争:他のコーヒー生産国との競争が激化しています。解決策として、ネパールコーヒーの独自性を強調し、高品質な商品を提供することで競争力を高めています。

これらの解決策が実施されることで、ネパールのコーヒー産業はさらに成長することが期待されています。

ネパールコーヒーの未来展望

ネパールコーヒー産業の成長予測

ネパールコーヒー産業の成長予測についてお話しします。ネパールのコーヒー産業は、今後も大きな成長が期待されています。これは、地元農家の努力と政府の支援が続くためです。

以下はネパールコーヒー産業の成長予測に関する主なポイントです。

  • 生産量の増加:今後数年間で、ネパールのコーヒー生産量はさらに増加する見込みです。これは、新しい農地の開発や技術の向上によるものです。
  • 海外市場の拡大:ネパールコーヒーは、アメリカやヨーロッパだけでなく、アジアや中東などの新しい市場にも進出することが期待されています。
  • 品質の向上:農家が最新の栽培技術を学び、品質の高いコーヒーを生産することで、ネパールコーヒーの評価はさらに高まるでしょう。

これらの要素が組み合わさり、ネパールのコーヒー産業は今後も成長を続けることが予想されます。

ネパールコーヒーの新しい取り組み

ネパールコーヒーの新しい取り組みについてお話しします。ネパールのコーヒー産業は、さまざまな新しい取り組みを通じて、さらなる発展を目指しています。

以下はネパールコーヒーの新しい取り組みに関する主なポイントです。

  • エコフレンドリーな栽培方法:多くの農家が環境に優しい栽培方法を採用し、持続可能なコーヒー生産を目指しています。
  • 農家の教育:農家に対する教育プログラムが実施され、最新の栽培技術やマーケティング手法が学べるようになっています。
  • 地域コミュニティの支援:コーヒー生産地域のコミュニティを支援するためのプロジェクトが展開され、地域の発展にも寄与しています。

これらの新しい取り組みにより、ネパールコーヒーの質はさらに向上し、国際的な競争力も高まることが期待されています。

ネパールコーヒーの7つの事実

ネパールでのコーヒー消費量

ネパールでのコーヒー消費量についてお話しします。ネパール国内でのコーヒー消費量は、まだ少ないですが、近年増加しています。これは、コーヒーの普及と都市部でのカフェ文化の発展によるものです。

以下はネパールでのコーヒー消費量に関する主なポイントです。

  • 国内消費量:ネパール国内でのコーヒー消費量は、毎年少しずつ増加しています。
  • 都市部のカフェ:カトマンズやポカラなどの都市部では、カフェが増え、多くの人がコーヒーを楽しむようになっています。
  • 若者の間での人気:若者の間でコーヒーが人気となり、日常生活の一部として取り入れられています。

これらの要素が組み合わさり、ネパールでのコーヒー消費量は今後も増加することが期待されています。

ネパールコーヒーの味の特徴

ネパールコーヒーの味の特徴についてお話しします。ネパールコーヒーは、その独特な風味とバランスの良さで知られています。これは、ネパールの自然環境と栽培方法によるものです。

以下はネパールコーヒーの味の特徴に関する主なポイントです。

  • フルーティな風味:ネパールコーヒーは、フルーツのような甘さと酸味が特徴です。
  • 豊かなアロマ:香りが豊かで、飲むときに心地よい香りが広がります。
  • まろやかな口当たり:口当たりが滑らかで、苦味が少ないため、飲みやすいです。

これらの特徴により、ネパールコーヒーは多くのコーヒー愛好者に愛されています。

ネパールコーヒーと環境保護

ネパールコーヒーと環境保護についてお話しします。ネパールのコーヒー産業は、環境保護に積極的に取り組んでいます。多くの農家が自然環境を守りながら、持続可能な農業を実践しています。

以下はネパールコーヒーと環境保護に関する主なポイントです。

  • オーガニック農法:多くの農家が化学肥料や農薬を使わないオーガニック農法を採用しています。
  • 環境保護活動:農家や団体が森林保護や水資源の保全活動に取り組んでいます。
  • エコフレンドリーなパッケージ:コーヒーの包装には環境に優しい素材が使われています。

これらの取り組みにより、ネパールコーヒーは環境に優しい商品として評価されています。

ネパールコーヒーの有名なブランド

ネパールコーヒーの有名なブランドについてお話しします。ネパールには、質の高いコーヒーを提供する有名なブランドがいくつかあります。これらのブランドは、国内外で高い評価を受けています。

以下はネパールコーヒーの有名なブランドに関する主なポイントです。

  • ヒマラヤンコーヒー:ネパールの自然環境を活かした高品質なコーヒーを提供しています。
  • カトマンズコーヒー:首都カトマンズを拠点に、地元の農家と協力してコーヒーを生産しています。
  • ネパールマウンテンコーヒー:標高の高い地域で栽培された、風味豊かなコーヒーを提供しています。

これらのブランドは、それぞれ独自の特徴を持ち、ネパールコーヒーの魅力を広めています。

ネパールコーヒーの収穫方法

ネパールコーヒーの収穫方法についてお話しします。ネパールのコーヒーは、手作業で丁寧に収穫されます。これは、品質を保つために重要な工程です。

以下はネパールコーヒーの収穫方法に関する主なポイントです。

  • 手摘み収穫:コーヒー豆は手で丁寧に摘み取られます。これにより、熟した豆だけが選ばれます。
  • 天日乾燥:収穫された豆は、天日で乾燥されます。これにより、自然な風味が保たれます。
  • 品質管理:収穫後、豆は厳格な品質管理の下で選別されます。品質の高い豆だけが市場に出回ります。

これらの収穫方法により、ネパールコーヒーは高い品質を保っています。

ネパールコーヒーの価格帯

ネパールコーヒーの価格帯についてお話しします。ネパールコーヒーは、その品質の高さから、さまざまな価格帯で販売されています。

以下はネパールコーヒーの価格帯に関する主なポイントです。

  • 高級品:高品質なネパールコーヒーは、1キロあたり約3000円〜5000円で販売されています。
  • 中価格帯:品質の良い一般的なネパールコーヒーは、1キロあたり約1500円〜3000円で販売されています。
  • 低価格帯:一般的なネパールコーヒーは、1キロあたり約1000円〜1500円で販売されています。

これらの価格帯により、さまざまな層の消費者がネパールコーヒーを楽しむことができます。

ネパールコーヒーの国際的な評価

ネパールコーヒーの国際的な評価についてお話しします。ネパールコーヒーは、その品質と風味の高さから、国際的な評価を受けています。

以下はネパールコーヒーの国際的な評価に関する主なポイントです。

  • 国際コンペティション:ネパールコーヒーは、国際的なコーヒーコンペティションで高い評価を受けています。
  • 海外のカフェ:多くの海外のカフェやレストランで、ネパールコーヒーが提供されています。
  • コーヒー愛好者の評価:世界中のコーヒー愛好者から、ネパールコーヒーは高く評価されています。

これらの評価により、ネパールコーヒーは国際的な市場でもその地位を確立しています。

コーヒーの生産と課題

かつてグルミで地崩れ防止として植えられるようになったコーヒーは、今日では、ネパール国内77群のうち46群以上に広まっています。生産されているすべてのオーガニックかつフェアトレードのアラビカ種で、ブルボン 、カテゥーラ、カティモール、セレクション10といった有名品種が含まれています、これらのコーヒーは地形、気候、土壌、雨量、気温のあらゆる面で理想的な海抜1000メートルから1600メートルの地域で栽培されています。

NTCDBの推定では、国内の農地のなかでコーヒー栽培への適性が「普通」と分類されるのが12ヘクタール。「非常に高い」が6万1000ヘクタールだと言われていますが、実際にコーヒー栽培に使用されている農地はわずか3300ヘクタールにすぎません。これは、国土の大部分がジャングルや森林で覆われており、大規模な商業栽培が難しいためです。ネパールのコーヒー農園は丘陵部の小規模農家(33940軒)がほとんどで、その多くのが村ごとに協同組合を作ってコーヒー栽培に取り組んでいます。

ネパールコーヒーの秘めた可能性を引き出すには、知識の底上げが必要だということです。ネパール 産コーヒーの生産・販売を行うカトマンズ・コーヒー(Katmandu Coffee)の創業者兼CEOのラビンドラ・シュレスタによると、地元のコーヒー農家の多くは、初めて彼の農園でコーヒーノキの剪定現場を見て驚愕するそうです。

ネパールのスペシャリティコーヒーの消費

ネパールのスペシャリティコーヒーは、その一杯一杯に溢れんばかりの物語が詰まっています。ネパール 産コーヒー固有のテロワール を有し、アマレットやマジパンを思わせるアーモンドのような複雑なフレーバーや紅茶やレーズンのような香りを生み出します。ネパールコーヒーの魅力はヒマラヤ山脈の麓で生産されていることだけではありません。国内各地で活躍する多様な経歴のコーヒー農家や生産者の物語も、この国のコーヒーの魅力です。

レカリ・コーヒー(Lekali Coffee)の誇りは、屈強なシェルパから受け継いだ伝統です。シェルパとは、チベットやネパール、ブータン、インドの山岳地帯に暮らし、ヒマラヤの山々、特にエベレストでガイドやポーター、レスキュー隊員として働く民族のことです。ニマ・シェルパの父親は登山とビジネスを営む傍ら、行政サービスが手薄なカトマンズ北部の高地の村、ヌワコートに学校を建てるなど、事前活動にも熱心に取り組んでいました。村の教育を改善するために始まったボランティア活動は、のちにコーヒー栽培のワークショップを開催するまでになり、地元民の雇用を創出しました。「ヌワコートはコーヒー栽培に適した標高にあり、保存期間が長いコーヒー豆は輸出作物として最適なんです。この山岳地帯には、他に輸出に適した物がなかなかありません」とニマはいいます。

現在、レカリ・コーヒーは2000軒を超える農家と提携し、スペシャリティコーヒーの生豆と焙煎豆をネパール各地、40以上のカフェやロースター、ホテル、レストランに卸しています。しかし、レカリが扱うコーヒーの本の一部に過ぎず、ほとんどは国外に輸出されています。「レカリからコーヒーを買う人には、レカリの価値観も共有してもらわなければなりません」とニマは言います。レカリの価値観として彼は、コーヒー産地に関する透明性、地元農家に良い影響を与えること、慈善活動、持続可能な農業に力を入れることを挙げています。レカリ・コーヒーが特別な体験を生み出すためには、高い品質だけではなく、こうした価値観が欠かせないのです。また、ネパールではまだコモディティコーヒーとスペシャリティコーヒーの区別が付かない人が多いため、かなり高価なレカリの商品をカフェで売るのは難しいとニマは言います。それでも、カフェやバリスタが知識を深めることで、消費者の意識がぐっと高まるのではないかと期待を寄せています。

まとめ

ネパールのコーヒー産業は、美しい自然環境と伝統的な栽培方法に支えられています。歴史は浅いものの、近年の発展と国際的な評価により、その地位を確立しつつあります。ネパールコーヒーの生産地域、品質、そして未来展望について理解を深めることで、ネパールコーヒーの魅力がより一層感じられるでしょう。ぜひ、一杯のネパールコーヒーを味わいながら、その独特な風味と香りを楽しんでみてください。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

合わせて読みたい!!
合わせて読みたい!!