【コーヒー生産地】グアテマラコーヒー4つの魅力!! 究極の生産地巡り

スポンサーリンク

正式名称 : グアテマラ共和国

面積 : 約10万8900㎢

人工 : 約1725万人

首都 : グアテマラ シティ

主な言語 : スペイン語

気候 : 熱帯気候だが、標高によって気温がかなり違ってくる。5~10月が雨季。

コーヒー年間生産量 : 240420t(2018,2019年)

収穫時期 (12~3月)

スポンサーリンク

はじめに: グアテマラコーヒーへの旅立ち

グアテマラコーヒーについて、みなさんはどれくらい知っていますか?この記事を読むことで、グアテマラコーヒーの魅力を4つご紹介します。グアテマラは、中央アメリカに位置し、コーヒー豆の栽培に最適な環境を持っています。美味しいコーヒーがたくさんある国です。この記事を通して、グアテマラコーヒーの素晴らしさを、みなさんにも知っていただきたいと思います。

伝統的製法から生まれる個性豊かなコーヒー

1750年ごろ、イエズス会の修道士によりグアテマラにコーヒーノキが持ち込まれたろ言われています。1821年にスペインから独立した後に、ドイツ人移民によって本格的な栽培が始まった。3000m級の多くの火山を有するグアテマラの国土は、北の北米平地、標高の高い中部高地、太平洋側の南部沿岸地帯の大きく3つのエリアに分けられます。コーヒーの栽培も高山地帯から北部の平地、太平洋側や大西洋側など、さまざまな条件のもとで行われています。おもな生産地はアンティグア 、ウエウエテナンゴ、あティトラン、フライハーネス、ニューオリエンテ、アカテナンゴ、サンマルコス、コバンなど。

アンティグア はグアテマラ南部に位置する古都。アグア、アクテナンゴ、フエゴの3つの火山に囲まれた標高1500m以上の高知だ。そこには、サンタカタリーナ農園、ウリアス農園などがあり、良質なコーヒーの生産地として知られている。また、アンティグア 以外にも中西部のアティトランや北西部のウエウエテナンゴは火山灰土壌で有機物が多く、コーヒー栽培に非常に向いている環境だ。COE(カップ・オブ・エクセレンス)で毎年入賞ロットを輩出し、世界的にも注目が集まっています。

グアテマラの地理的な特徴は、大西洋、太平洋、湖、メキシコ平原、高山地帯などがあり、多様性に富んでいること。それぞれの農園が栽培環境を活かしたコーヒー栽培を行っている。

グアテマラでは生産者と輸出業者によって運営されるコーヒー機関、アナカフェ(グアテマラ国立コーヒー協会)による農業支援が積極的に行われています。農園は大小ありますが、伝統的な農法で、個性豊かなスペシャリティコーヒーが数多く誕生しています。

グアテマラコーヒーの魅力1: 豊かな味わい

グアテマラのコーヒーは、なぜこんなにも味わい深いのでしょうか。その理由は、様々な気候と土地が、豆に特別な味を与えるからです。

  • 気候: 温暖で雨が多く、コーヒー豆が育つのに適しています。
  • 土地: 高地で栽培されることが多く、豆に独特の風味をもたらします。

このような条件が合わさることで、グアテマラコーヒーは世界中で愛される味わいを持つのです。

グアテマラコーヒーの魅力2: 種類の多さ

グアテマラでは、多くの種類のコーヒーが栽培されています。それぞれ異なる味わいを楽しむことができ、これがグアテマラコーヒーの大きな魅力の一つです。

  • アンティグア: 果実のような酸味が特徴
  • アティトラン: 花やチョコレートの香りがする
  • ウエウエテナンゴ: スパイシーで豊かな味わい

コーヒー好きなら、これらの異なる味を比べてみるのも楽しいでしょう。

グアテマラコーヒーの魅力3: 栽培へのこだわり

グアテマラのコーヒー農家は、品質の高いコーヒー豆を栽培するために、大きな努力をしています。環境にやさしい方法で、豆を育てることにこだわっています。

  • 手作業での収穫: 一粒一粒を丁寧に選び取る
  • 自然肥料の使用: 土地を守りながら豆を育てる

このような取り組みが、グアテマラコーヒーの品質を高めています。

栽培品種

カチモール、パチェ、ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイなど

生産処理

収穫は12月~3月にかけて。ウォッシュドが中心で、天日乾燥または機械乾燥されている。

評価方法

標高によって等級が分けられているが、フレーバーで決定されることも多い。標高1300m以上が「ストリクトリーハードビーン(SHB)」、1200~1300mが「ハードビーン(HB)」、900〜1050mが「エクストラプライムウォッシュド(EPW)」と分類される。

グアテマラコーヒーの魅力4: 美しい生産地

グアテマラのコーヒー畑からは、息をのむような美しい景色を見ることができます。訪れたい生産地ベスト3を紹介します。

  1. アンティグア: 歴史ある街並みと火山を背景にした畑
  2. アティトラン: 湖のほとりに広がる美しい畑
  3. ウエウエテナンゴ: 高地の清々しい空気と緑豊かな畑

品評会の常連ウエウエテナンゴ地域のエル・インヘルト・ウノ農園のコーヒーは、豊かな酸味とふくよかな味わいで赤ワインに喩えらるほど。アンティグア 地域ではリッチなチョコレート感の強いコーヒーが生産されています。

主な農園

サン・ヘラルド農園 San Gerardo

グアテマラシティから車で一時間の高所に広がるポール氏の農園では、伝統の品種ブルボンが栽培されています。繊細で病気弱く、近年は標高の高い地域でも被害が出ており、病気に強い品種に切り替える脳炎が多い中、ポール氏はブルボンを愛して、生産を続けています。完熟したチェリーを丁寧に手摘みし、豆をしっかり洗い、乾かすことで味を綺麗にするのが彼のこだわりです。生産処理のおかげで乾燥状態がよく、出荷後さらに味がよくなる特徴を持ちます。

サンタカタリーナ農園

アンティグア地区の中でも最も標高の高い位置にあるサンタカタリーナ農園は、毎年安定して高品質なコーヒーを生産している。2008年にはアンティグア のACPA(アンティグア 生産者組合)のコンテストで優勝した非常に高い評価の農園。農園種のペドロ・エチェベリア氏は自然とともにコーヒーを育てたいと、伝統的な製法を長年守り続けている。

ウリアス農園

歴史が非常に深くアンティグア を代表する農園である。ここは以前、水車を利用してパルピングを行なっていたことで知られている。完熟した豆へのこだわりのある農園。しっかりとしたコクのあるバランスのよいコーヒーを生産することで有名。

サント・トーマス・パチュージ農園

アティトラン湖周辺は、コーヒーの名産地として知られている。中でもこちらの農園は、森の中にあり、環境にも配慮した農法を実施している。レインフォレスト・アライアンス認証も取得し、酸味、甘さともバランスのよい珈琲を産出している。

これらの場所では、コーヒーの栽培だけでなく、大自然の美しさも楽しむことができます。

グアテマラコーヒーを楽しむために

グアテマラコーヒーをより深く味わいたいなら、以下のポイントをお試しください。

  • 自宅での淹れ方: ドリップやフレンチプレスでじっくりと
  • 購入のコツ: 新鮮な豆を選び、焙煎日に注意する

これらのコツを押さえることで、グアテマラコーヒーの豊かな味わいを、家でも楽しむことができるでしょう。

まとめ: グアテマラコーヒーで世界旅行

グアテマラコーヒーの魅力を4つご紹介しました。これらのポイントを知ることで、あなたもグアテマラコーヒーの大ファンになるかもしれません。一杯のコーヒーを通じて、グアテマラの文化や自然を感じ取ることができます。グアテマラコーヒーで、素敵な世界旅行を始めてみませんか?

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント