【コーヒー生産地】ケニアコーヒー、愛好家必見の3つの理由

スポンサーリンク

ケニアのコーヒーは世界中で人気があり、特別な味わいが楽しめます。なぜこんなにも人々に愛されるのか、その理由を探ってみましょう。

正式名称 : ケニア共和国

面積 : 約58万3000㎢

人工 : 約4970万人

首都 : ナイロビ

主な言語 : スワヒリ語、英語

気候 : 地域によって熱帯気候、温暖湿潤気候などに分かれる。雨季は3〜5月と10〜12月の年2回。

コーヒー年間生産量 : 約55800t(2018,2019年)

収穫時期 : 10~3月

スポンサーリンク

ケニアコーヒーの基本を知ろう

ケニアにコーヒーノキが持ち込まれたのは19世紀末です。1933年にはコーヒー局が設立され、オークション制度や格付けの規定を制定し、早い段階から管理体制を整えたことで、高品質豆の生産を可能にしました。

世界初のコーヒー研究所「コーヒー研究財団」があり、管轄下には最先端の技術を提供する「ケニアコーヒーカレッジ」があり、国内の生産者をバックアップします。

大規模農園もありますが、多くの農園が生産処理システムを持たない小規模生産者です。ケニアのコーヒーの約60%はおよそ70万世帯の小規模農家によって生産されており、それ以外は4000ほどの農園によって生産されている。ナイロビの北東から北西にかけたケニア山周辺とアバテア山脈周辺が最大の産地で、ルイル、ティカ、エンブ、、キリニャガ、メル、ニエリなどの地区が産地として知られている。国土の西部、ウガンダやタンザニア との国境に近い地域のキタレやブタレといった産地でもコーヒーが栽培されている。「ファクトリー」と呼ばれる協同組合に、赤いチェリーを持ち込み、生産処理をしています。

1970年代から1980年代半ばまでは、ケニアの輸出総額に占めるコーヒーの割合が40%以上を維持し、経済にとってコーヒーの生産が大きな役割を果たしていたが、現在ではその割合も4%程度にまで低下した。しかし、コーヒーの輸出の割合は低下したものの、ケニアはコーヒー栽培に適した立地で、品種の改良や洗練された加工、流通体制の工夫により、ケニア産コーヒーの品質は高く、世界中で評価されている。世界のスペシャリティコーヒーの市場で重要な国であることにかわりない。

1930年代から始まったオークション

ケニアの首都とナイロビでは毎週火曜日にコーヒーのオークションが行われ、ライセンスを持つ輸出業者がセリに参加できる。規制緩和の結果、コーヒーの売買はオークションを経由しなくても可能になったが、現在でも多数のコーヒーがオークションを通して売買され、品質向上に寄与している。

ケニアコーヒー生産地の特徴

ケニアはコーヒーの栽培に最適な気候を持っています。この地で育つコーヒー豆は、以下のような特徴があります。

  • 豊かな土壌
  • 適度な雨量
  • 理想的な高地

これらの条件が組み合わさることで、ケニアコーヒー独自の味が生まれます。

ケニヤのコーヒーの特徴

複雑かつ酸とコクのバランスが良くベリーや紅茶、赤ワインのようなジューシーな味わいが魅力的。

酸は基本的に強く、コクはミディアムからフルボディまで多様である。

主な品種

SL28、SL34、ルイル11、バティアン、ブルボン

SLとはナイロビに存在した研究機関『スコットロボラトリー」の略称。両種とも同研究所でブルボン 種から選抜された。

愛好家必見!ケニアコーヒーの3つの理由

1つ目の理由:独特の風味と香り

ケニアコーヒーは、以下のような特徴で知られています。

  • 強い酸味
  • 豊かな香り
  • 深い味わい

これらの組み合わせが、コーヒー愛好家を魅了してやみません。

2つ目の理由:品質の高さ

ケニアでは、コーヒーの品質管理が非常に厳しく行われています。そのため、世界中の人々に高品質なコーヒーを提供することができるのです。

3つ目の理由:栽培環境の良さ

ケニアの自然環境は、コーヒー栽培に最適です。この素晴らしい環境が、ケニアコーヒーの品質を支えています。

世界的に評価の高い9つの農園

ケニアに存在する優れた農園としては、ベルギーの多国籍企業が出資している現地法人SOCFINAFが経営している9つの農園がある。Tatu(タトゥ)、 Mchana(ムチャナ)、Gethumbwini(ゲズンブイニ)、Eaagads(エアガズ)、Mtaro(ムタロ)、Wango(ワンゴ)、Ruera(ルエラ)、Oaklands(オークランズ)、Karengaita(カレンゲータ)、がそれらの農園である。これらの農園は世界的にもスペシャリティコーヒーのマーケットにおいて非常に高い評価を得ており、アメリカなどの多くの先進トレーダーが注目し、AAグレードの豆を高音で落札している。

ケニアコーヒーをもっと楽しむために

おすすめの飲み方

ケニアコーヒーをより楽しむためには、以下の飲み方を試してみてください。

  • ブラックで飲む
  • 少しの砂糖を加える

これらの方法で、ケニアコーヒーの味わいを存分に味わうことができます。

ケニアコーヒーを選ぶポイント

良いケニアコーヒーを選ぶためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 鮮度が高いこと
  • 良い香りがすること
  • 産地が明確であること

これらを参考に選ぶと、満足のいくコーヒーに出会えるはずです。

ケニアコーヒーを支える人々

コーヒー農家の日々

ケニアコーヒーを作る農家の人々は、毎日一生

懸命に働いています。彼らは、次のような作業を行っています。

  • コーヒー豆の手入れ
  • 収穫
  • 品質管理

これらの努力が、ケニアコーヒーの高品質を保っています。

収穫

ケニアでは年に2回の雨季があり、収穫期も2回である。11月から翌年の初頭に収穫されるものはメインクロップと呼ばれる。6月、7月に収穫されるものはフライクロップと呼ぶ。

等級

スクリーンサイズによって決められる。サイズ17以上のものが最上級でAA、サイズ15〜16のものがABとなる。生豆と炒豆の外観、コーヒー液の品質によるクラス分けも行う。

評価方法

スクリーンサイズで評価される。スクリーンサイズがS18(7mm)以上の豆が「AA」、S15(6mm)~S17(6.75mm)の豆が「AB」と分類される。ピーベリーの「PB」という格付けもある。

ケニアコーヒーの未来

ケニアコーヒーを作る人々は、これからも世界中の人々に愛されるコーヒーを提供し続けたいと考えています。そのために、彼らは環境保護にも力を入れています。

まとめ

ケニアコーヒーは、その独特の風味、高い品質、そして素晴らしい栽培環境によって、世界中のコーヒー愛好家から愛されています。この記事を通じて、ケニアコーヒーの魅力を少しでも感じ取っていただけたなら幸いです。特別な一杯を、ケニアコーヒーでぜひ楽しんでください。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント