【コーヒー生産地】コンゴ民主共和国のコーヒー3大魅力

スポンサーリンク

アフリカには、大陸で2番目に長いコンゴ川にちなんで名付けられた、コンゴ共和国とコンゴ民主主義共和国がその両岸に存在する、混同されやすいことから、しばしば両国の首都をとってコンゴ・ブラザビルとコンゴ・キンシャサと呼ばれる。

西欧全体ほどの国土に多様な文化と言語を持ち、アフリカ屈指の活気あふれるミュージックシーンでも知られ、世界第2位の面積を誇る熱帯雨林を持つ国です。

コンゴ民主共和国には、効率的かつ持続的に採掘できれば同国が世界で最も豊かになるであろう量の鉱物資源が眠っている、しかし現在、そのほとんどは、強力な多国籍企業の支援を受けたギャングや民兵によって掠奪され、現地の人々が劣悪な環境でわずかな報酬を得ながら採掘し、国際社会は見て見ぬをしている。

人工 : 9000万人

世界第14位の人口擁する、一方世界第4位の貧困国でもある

スポンサーリンク

コンゴ民主共和国のコーヒーってどんなの?

コンゴ民主共和国は、アフリカの心臓部に位置し、豊かな自然と温暖な気候に恵まれています。この国は、世界でも特に美味しいコーヒーを生産する場所の一つとして知られております。コンゴのコーヒー生産には、以下のような特徴があります。

  • 豊富な降水量:コンゴは年間を通じて雨が多く、コーヒー豆の栽培に最適な環境を提供します。
  • 肥沃な土壌:火山地帯に近い地域では、豊かな火山灰が肥料となり、コーヒー豆の栽培に理想的な土壌を形成しています。
  • 適度な高度:コンゴの多くのコーヒー農園は、理想的な気温を保つために高地に位置しています。

これらの自然条件が合わさることで、コンゴのコーヒーは、豊かな風味と独特の味わいを持つことができるのです。

コンゴ民主共和国ではコーヒー栽培に関する規制は一切存在しません。そのため、最初にベルギー人植物学者がこの地に適したアラビカ種(主にブルボン )を植えるために組織的に尽力したが、この数十年で、世界中からさまざまな品種が今後に入ってきました。ニカラグア、エチオピア、はてはジャマイカから入ってきた品種もあります。

その結果、この国のコーヒーは実に複雑で、バランスが良いとはいえないものの、野性味あふれる力強い味で、あらゆるフルーティな甘味とマッチするフローラルなフレーバー、ときにはほのかなスパイシーさも感じられる。

魅力その1:豊かな味わい

コンゴ民主共和国産のコーヒーは、その味わいの深さで多くの人を魅了しています。特に、以下のような味の特徴があります。

  • 甘みと酸味のバランスが絶妙:コンゴのコーヒーは、甘さと酸味がほどよく混ざり合い、飲み口を爽やかにします。
  • チョコレートやナッツのような風味:熟成された豆からは、カカオやナッツを思わせる豊かな風味が感じられます。

この豊かな味わいは、コンゴの豊富な自然環境と、農家の方々の熟練した技術によって生み出されています。

魅力その2:独特の香り

コンゴ民主共和国のコーヒーは、その香りの良さでも知られています。この独特の香りは、以下のような要因によって生み出されます。

  • 高品質の豆:コンゴで栽培されるコーヒー豆は、厳しい基準をクリアした高品質のものばかりです。
  • 丁寧な加工プロセス:収穫後の豆は、風味を損なわないように丁寧に加工されます。

コンゴのコーヒーを一口飲むと、その香りが口いっぱいに広がり、心地よい余韻を残します。

魅力その3:持続可能な生産

コンゴ民主共和国では、コーヒーの生産過程で環境への配慮が重視されています。具体的には以下のような取り組みがあります。

  • 自然資源の保護:農地の健康を守るために、化学肥料や農薬の使用を控え、自然に優しい栽培方法を取り入れています。
  • 地域社会の支援:コーヒー農家の生活向上と、持続可能な農業の推進を目指しています。

これらの取り組みにより、コンゴのコーヒーは「美味しさ」と「環境への優しさ」を両立しています。

コンゴコーヒーを楽しむためのヒント

コンゴ民主共和国のコーヒーをより楽しむためには、以下の点に注意してください。

  • 新鮮な豆を選ぶ:コーヒーの風味は、新鮮な豆から最も良く引き出されます。
  • 正しい保存方法:コーヒー豆は、湿気や直射日光を避けて保存しましょう。
  • 適切な挽き方:豆の挽き方は、飲む方法によって変えると良いでしょう。

これらのヒントを活用することで、コンゴのコーヒー本来の味わいを最大限に引き出すことができます。

コンゴのコーヒー

コンゴの豊富な資源には、ゴム、銅、金、コバルト、タンタル、リチウムだけでなく、コーヒーも含まれます。あまり知られていませんが、ルシアン・リンデンというベルギー人が、ベルギー領コンゴを探検したときに発見したコーヒーを1900年にバリ万博で紹介しました。収量が多く病気にも強い特性にちなんで彼はこの品種を「ロブスタ」と名付けました。後に、このコーヒーは「コフィアカネフォラ」(リンデンの発見の3年前にカメルーンで発見された品種)と同一であることが確認されましたが、「ロブスタ」という名前がそのまま定着して現在も使われています。

一方、19世期末にフランス人宣教師がキブ湖周辺に持ち込んだアラビカ種は、他の作物よりも格段にコンゴの気候に適していたこともあり、すぐにベルギーの役人によって換金作物として導入されました。

1937年には、キブ湖西岸の50~70%の世帯がベルギー人の経営する大規模プランテーションでコーヒーを生産するようになります。独立後、大統領モブツ・セセ・セコが他の国内主要産業と共に、珈琲農園を国有化しました。

初めのうちこそ生産量は激増しますが、内戦や反乱が続いたことで20世紀終盤、国有化産業は完全に崩壊します。2000年代初頭にスペシャリティコーヒーのムーブメントが起きるとようやく、支援産業や一部の先進的なトレーダーがコンゴの可能性に目を向け始めました。

バラとは言えない状況

コンゴほどコーヒー豆取引と開発事業が複雑に絡み合ってるいる国はありません。コーヒー農家は想像を絶する困難に直面しています。価格が安い上に規制されていないため、いまだに大量のコーヒー豆がルワンダやウガンダに密輸されており、地震が多発するキブ湖を、コーヒー農家が夜の闇に紛れて小型ボートに乗って命がけで渡ることも珍しくありません。

コンゴでは、友人や高利貸し以外から融資を受けることはほぼ不可能です。農家が利用できる国有の地方銀行がないため、ルートキャピタル(Root Capital)のような国際的に活動している非営利融資団体の支援を受けられることはこの上ない幸運なのです。

とはいえ、コーヒー豆の輸出には途方もない苦労がつきものです。中央政府の目がしっかり行き届かないコンゴの東部では、生産から輸出まであらゆる場面で分け前を要求され、無視することもできません。

2017年に出された『Everything That Moves will be Taxed(動くもの全てが課税対象)』という絶妙なタイトルが付けられた報告書によると、キブ地区だけで768カ所もの検問があり、ほぼ全ての検問に役人(自称役人も含む)がいて、トレーダーが円滑で効率的に取引を行う妨げになっていると言います。こうした「非公式な税金」をすべて合わせると、コーヒーの価格に15%上乗せされることになります(法律による規制があるウガンダやルワンダではほんの数%)。

また輸出手続きを経てコーヒー豆が出荷されるアフリカ東部の港(ケニアのモンバサ港やタンザニア のダルエスサラーム港)へたどり着くまでに何ヶ月も余分にかかってしまいます。

しかしコーヒー生産者が直面している問題は、コンゴ民主共和国の国家的危機のトップ店にも入っていないのが現状です。女性の人権問題、エボラ出血熱の感染爆発、大規模な森林破壊など喫緊の問題がほかにもあるからです。さらに暴力問題もあります。コンゴ東部には100を超える明兵組織はあり、その大部分がルワンダの大虐殺の余波で発生したという複雑な事情があります。これらの明兵組織は絶えず分裂を繰り返し、組織名を変え、活動拠点を移すことで、国内の大部分を著しく不安定な状態にしています。一番の問題は、彼らが鉱業を通して資金調達をしていることです。コンゴ東部では数十万もの高山労働者が鉱物取引に従事していますが、そのうちの半数以上が武装集団のいる高山で働いており、多くの労働者が奴隷同然の状態で働かされています。「紛争鉱物」の調達をやめるよう企業に国際的な圧力をかけ、代価案となる優れた開発計画を提案しなければ、現状に甘んじている企業がわざわざ変革を求めようとはしません。巨大産業の多くは今後の豊富な鉱物資源なしには成り立たないのです。コバルトやコルタンがグローバルサプライチェーンで流通している限りは、世界の大部分は現実から目を逸らし、誰がどのように採掘したかを尋ねることもないでしょう。

2012年、ギルバート・マケレレはキブ湖の中央に浮かぶ大きな島、イジウィ島で農業協同組合を設立しました。地域の経済的可能性を活かしてコーヒー豆の価格協議を改善し、ルワンダ へのコーヒー密輸に手を染めている地元住民に別の選択肢を与えるためです。イジウィ島にコーヒー以外の収入源がほとんどない代わりに、今後ではめったに見られないものがあります。

平和です。

そのため、子ども兵士を含む多くの人々がこちに逃れてきました。しかし、子ども兵士は地域に悲劇を呼び込む存在とされ、あまり歓迎されません。こうした状況でギルバートは大胆なアイデアを思いつきました。彼は元兵士を遠ざけるのではなく、コーヒーの苗木を与え、島で農家として新しい人生を始めるように励ましたのです。

まとめ

コンゴ民主共和国のコーヒーは、豊かな味わい、独特の香り、環境への配慮という3つの魅力を持っています。これらの特徴は、コンゴの自然と人々の努力によって生み出されています。コーヒーを選ぶ際は、コンゴ産の豆もぜひご検討ください。それぞれのカップから、コンゴの豊かな自然と文化を感じ取ることができるでしょう。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント