【コーヒー生産地】ゴールデン・ステート、カリフォルニアの魅力5選!!

スポンサーリンク

カリフォルニア州は、ゴールデン・ステートと呼ばれ、多くの太陽と温暖な気候を持っています。この美しい地域は、フルーツや野菜だけでなく、驚くべきことにコーヒーの生産地としても知られてきました。ここでは、カリフォルニアでコーヒーがどのようにして栽培され、なぜこの地がコーヒー生産に適しているのかをご紹介します。

州概要 : 農業が盛んなカリフォルニア州では、400種以上の農作物が生産されている。アメリカの野菜の3分の1以上、果物とナッツの3分の2以上がカリフォルニアで栽培されている。

面積 : 423970平方km

人工 : 39538223人

州都 : サクラメント

言語 : 州内で使用される言語は200以上。英語話者の次に、スペイン語話者が多い。

100以上の先住民族言語が使用されており、カリフォルニアは世界トップクラスの言語多様性を誇る地域である。

スポンサーリンク

カリフォルニア コーヒーの歴史

  • コーヒー栽培が始まったきっかけ:数十年前、カリフォルニアの農家がコーヒー豆の栽培に挑戦し始めました。その理由は、この地の温暖な気候がコーヒー豆の成長に適していると考えられたからです。
  • ゴールデン・ステートで育つコーヒーの特徴:カリフォルニアで育つコーヒーは、その独特な風味で知られています。太陽の光をたっぷりと浴び、温暖な気候の中でゆっくりと成長することで、豊かな味わいが生まれるのです。

カリフォルニア産コーヒーの誕生は2002年のこと。Good Land Organicsの農園で、試験的にコーヒーの栽培が始められました。古いアボガドの木々の間にコーヒーノキを植えていきました。まずカトゥーラ、ティピカ、そしてゲシャから始め、その後、遺伝資源や生きた苗から育てた品種を植えました。また、ローリナ、カトゥーラ・アマリージョ、カトゥアイなどの新品種を保有するエルサルバドルのコーヒー研究所Pro Cafeから入手した品種の栽培も始めました。

そして2014年、Good Land Organics農園で栽培したFRINJ CoffeeのカトゥーラがCoffee Reviewで100点満点中91点を獲得し、世界ランキングで27位を記録したのです。このニュースが多数のメディアで取り上げられたことにより、この地のコーヒー栽培が大きな可能性を持つという認識が南カリフォルニア帯の農業従業者に浸透しました。

FRINJ Coffeeは75軒のコーヒー栽培農家と提携しており、各農家が栽培するコーヒーノキを合わせると10万本以上になります(各農家の栽培本数は200本から2万本まで、さまざまです)。

魅力1: 独自の気候とコーヒーの味

  • カリフォルニアの特別な天候:カリフォルニアは、一年を通して温暖で、太陽の光が豊富です。このような気候は、コーヒー豆がゆっくりと成長し、味わい深くなるのに最適な条件を提供します。
  • 天候がコーヒーの味にどう影響するか:温暖な気候と豊富な日照量は、コーヒー豆に独特の甘みと風味を与えます。この特別な味わいは、カリフォルニアでしか味わえないものです。

コーヒーノキの生育には温暖湿潤な熱帯気候が適しています。例えばグアテマラ、コスタリカ、コロンビア、ブラジル、インドネシアなどの地域がこれにあたります。ではカリフォルニア州はどうでしょうか?意外なことに、カリフォルニアもコーヒー栽培に適しています。穏やかな気温に海から吹く涼しい風、さまざまな成分が複雑に混じった土壌、そして夕方になると一帯に立ち込める霧。このようなカリフォルニアの気候は、コーヒー栽培にまさにうってつけなのです。赤道地帯では年に数回コーヒーを収穫できますが、カリフォルニアは年1回の収穫物からスペシャリティコーヒーを生産しており、州内のどこにコーヒーノキを植えるかを決める際にはマイクロ・クライメット(局所的気候)が決め手となります。

魅力2: 持続可能な栽培方法

  • 環境に優しいコーヒーの育て方:カリフォルニアの農家は、水を大切に使い、土地を守るための方法でコーヒーを栽培しています。例えば、雨水を集めて使ったり、土壌を健康に保つための自然な方法を取り入れています。
  • 農家さんたちの工夫:また、農薬を使わずに病害虫を防ぐ工夫もしています。これにより、環境に優しいだけでなく、人々が安心して飲めるコーヒーを作り出しています。

栽培・生産者

カリフォルニア産コーヒーは、アボガドなどの成木がある果樹園で栽培されることが多く、高木と低木が入り交じるこの多層構造がコーヒーの生育に役立っています。なかでも特に理想的な農園には、緩やかな斜面、霜が降りない環境、良好な日当たり、海からの影響を受ける立地といった条件が揃っているほか、コーヒーノキを強風から守る仕組みや  設備が整っています。また、多くの農家がスペシャリティ作物としてコーヒーを栽培しています。Lemon Ridge農園もその一つです。オーナーであるランス、スーザン・フラウッチ両氏はレモンを栽培していますが、レモンはカンキツグリーニング病(HLB)の被害を受けることが多いため、経営が成り立つよう新たな作物を探しました。そこでコーヒーに出会い、栽培を始めました。カリフォルニアがコナやコスタリカに続くスペシャリティコーヒーの一大産地になり得る、と両氏は考えています。州内のコーヒー農家の大半では、植え付けから3年で収穫が可能となり、4年目には相当量の収穫が見込まれます。そして5年目から本格的なコーヒー生産が始まります。

コーヒー栽培とリジェネラティブ農業

カリフォルニアのコーヒーは、リジェネラティブ農業(環境再生型農業)の手法で生産されています。進化する食糧供給のあり方に対応するためには、このリジェネラティブ農業が欠かせません。FRINJはん現在Gaviota Coast Conservancy(GCC)の支援のもと、土壌の健康状態や生態系の回復力の向上、最適なかたちで水を利用する方法を研究しています。

主なコーヒー産地

サンタバーバラ郡、サンディエゴ郡、ベンチュラ郡、ロサンゼルス郡、リバーサイド郡

主な輸出先

日本、イギリス

魅力3: 珍しい品種の発見

  • カリフォルニアだけの特別なコーヒー豆:ここでは、世界の他の地域では見つけることができない珍しいコーヒー豆の品種が栽培されています。これらの品種は、カリフォルニアの独特な気候によって生まれたものです。
  • 新しい味の探求:農家たちは、新しい味や風味を追求し続けています。この努力により、コーヒー愛好家には常に新鮮な驚きが提供されています。

魅力4: 地元への経済効果

  • コーヒー栽培が地域にもたらす利益:コーヒーの生産は、地元の経済に大きな影響を与えています。農園での仕事は、多くの人々に雇用を提供し、地域社会に貢献しています。
  • 地域社会とコーヒー農園の絆:地元の人々は、コーヒー農園と密接な関係を持っています。農園は地域のイベントを支援したり、地域の人々と一緒に活動を行ったりしています。

魅力5: 観光としての魅力

  • コーヒー農園ツアーの楽しみ方:カリフォルニアのコーヒー農園では、訪れる人々に農園ツアーを提供しています。これにより、コーヒーの栽培過程を間近で見ることができ、コーヒー豆がどのようにしてカップに届くまでの旅を学ぶことができます。
  • コーヒー愛好家が訪れるべきスポット:また、コーヒーを愛する人々にとって、これらの農園は訪れるべき重要なスポットとなっています。コーヒーの試飲や特別なイベントを通じて、コーヒー文化を深く体験することができます。

コーヒー市場

世界のコーヒー市場は、2020年時点で1000億ドル規模に上ります。米国農務省(USDA)の報告書「Coffee: World Market and Trade」によると、2020-2021年期における全世界のコーヒー収穫量は推定1億7600万袋(1袋60kg)。つまり105億kg以上のアラビカ種が市場に出回ることになります。カリフォルニア州内のアボガド農園がすべてコーヒーに転作したとしても、市場全体への影響は0.1%にも満たないのですから、これがいかに膨大な量であるかがわかるでしょう。この先、カリフォルニア産コーヒーが既存の市場を席巻する可能性は恐らくないと言えます。しかし、世界のスペシャリティコーヒー市場内に居場所を見つけました。Forbes誌によると、世界のスペシャリティコーヒー市場は2018年に3500万ドル規模に達し、2025年にまでに8300万ドル規模に成長するとのこと。FRINJでは、カリフォルニア産コーヒーを1ポンド当たり平均250ドルでアメリカ国内外に販売しています。カリフォルニア産のワインやクラフトビール市場が急成長を遂げていることからも、消費者が新たなフレーバーを待ち望んでいることは明らかです。そして現状の消費者が次に求めるフレーバー体験こそが、シングルオリジンコーヒーなのです。

まとめ

カリフォルニアは、その温暖な気候と豊富な日照量を活かし、独特のコーヒー文化を育んでいます。持続可能な栽培方法、珍しい品種の発見、地元経済への貢献、観光地としての魅力など、カリフォルニアのコーヒー生産地が持つ多くの魅力を通じて、コーヒー愛好家の心をつかみ続けています。この美しい地で育つコーヒーを一度味わってみれば、その特別な味わいの理由がわかるはずです。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント