【コーヒー生産地】タンザニコーヒー 6つの魅力、味わいを深掘り

スポンサーリンク

タンザニアはアフリカ大陸の東部に位置し、キリマンジャロ山など美しい自然に囲まれています。この国はコーヒー豆の生産で世界的にも有名です。タンザニアでコーヒーが作られ始めたのは数百年前で、今では多くの人々の生活に欠かせないものになっています。

正式名称 : タンザニア連邦共和国

人工 : 約4043万人

面積 : 945087平方km

首都 : ダルエスサラーム

言語 : スワヒリ語

気候 : 地域によって熱帯気候や半温帯気候などに分かれる。雨季は3〜5月と11〜1月の年2回。

コーヒー年間生産量 : 5.1万t

スポンサーリンク

タンザニコーヒーの特徴

【コーヒー生産地】タンザニアの気候とその影響

タンザニアの気候はコーヒー栽培に最適です。雨がたくさん降り、温度も適度で、豊かな土壌が広がっています。この素晴らしい自然環境のおかげで、タンザニアコーヒーは特別な味わいを持っています。

タンザニアコーヒーの主な種類

  • アラビカ種:フルーティーな香りが特徴。
  • ロブスタ種:力強い味わいが楽しめます。

タンザニコーヒーの6つの魅力

  1. 独特の風味:フルーツや花のような爽やかな香りがします。
  2. 高品質な豆:丁寧に選ばれた豆は、品質が高く、味わい深いです。
  3. 豊富な品種:さまざまな種類のコーヒー豆があり、選ぶ楽しみがあります。
  4. 持続可能な生産:自然に優しく、地域の人々の生活を支えています。
  5. 地域コミュニティへの貢献:コーヒー生産は多くの家族に仕事を提供しています。
  6. 世界市場での評価:その品質の高さから、世界中で愛されています。

タンザニコーヒーの味わいを深掘り

タンザニアコーヒーは、その風味の豊かさで知られています。特にアラビカ種は、甘みと酸味のバランスが絶妙です。おすすめの飲み方としては、豆の味を直接感じられるブラックコーヒーが最適です。ミルクを加えても、その独特の風味を楽しむことができます。

タンザニアコーヒーを楽しむための5つのポイント

  1. 選び方のコツ:鮮度が高く、豆が均一に焼けているものを選びましょう。
  2. 保存方法:直射日光を避け、密閉容器で冷暗所に保管してください。
  3. 美味しい淹れ方:水の温度や豆の挽き方に注意し、丁寧に淹れることが大切です。
  4. ペアリングの提案:チョコレートやナッツと一緒に楽しむと、味わいが引き立ちます。
  5. コーヒーツアーの魅力:タンザニアを訪れると、コーヒー農園を見学できることも

あります。コーヒーの栽培から収穫、加工の過程を学ぶことができ、より深い理解が得られるでしょう。

品種

タンザニアの品種はアラビア種が中心となっている。生産量ではアラビカ種が80%、カネフォラ種が20%程度である。タンザニア 北東部にブルボン種とケント種が多いの対し、南部にはケント種が集中している。タンザニアのブルボン種はレユニオン島から持ち込まれたものである。

精製方法

アラビカ種の多くがウォッシュト、西部で精製されているロブスタ種や一部のアラビカ種はナチュラルで精製されている。南部のアラビカ種は以前は品質が不安定な部分も見受けられたが、最近になって品質が向上している傾向にある。

評価方法

スクリーンサイズで評価される。スクリーンサイズがS17(6.75mm)以上の豆が「AA」、S15(6mm)~S16(6.5mm)の豆が「AB」と分類される。

主な農園

ブラックバーン農園 

生産者 ミヒャエル・ゲルケン

高峰オルデアニ山の斜面に位置し、野生動物との共存をはかりつつ、高品質なコーヒーを作り続けている。

地域 : アルーシャ州カラトゥ近郊

平均標高 : 約1790m

モンデュール農園

アルーシャ地区の大農園、ブルカ農園が経営に携わり、品質改善がなされた。明るい酸のクリーンなコーヒーを生産。毎年注目を集める農園のひとつとして知られている。

東アフリカ最大の面積を誇り、豊かな自然に恵まれているタンザニア。キリマンジャロの銘柄でよく知られるコーヒーがありますが、この豆はキリマンジャロ山のふもとのアルーシャで栽培されていて、重要な輸出品となっています。ほかの産地も国土の周縁部の高原地帯に広がっていて、同じくキリマンジャロ山周辺のモシ、南部のキゴマ 、北西部のブコバなどで良質の豆が栽培されています。

約40万世帯の、平均的な耕地面積が1〜2ha程度の小規模農家がタンザニアにおけるコーヒー生産の約95%を占めている。そして、残りの5%のコーヒーが農園によって生産されている。

タンザニア国内での産地は、国土の周縁部に分散しており、国内であってもブルボン種とケント種を多く生産している東北部、ロブスタ種を中心として生産する西部、ケント種を生産する南部と、栽培の環境は大きく異なっている。

タンザニアで生産されるコーヒーのほとんどは輸出されており、コーヒーはタンザニアでも大きな割合を占める輸出農作物となっている。しかし、コーヒーの生産はされるものの、タンザニアに住む人々はコーヒーよりも紅茶を好んで飲む習慣がある。

まとめ:タンザニコーヒー、その独特の世界

タンザニアコーヒーは、その独特の風味と高い品質で、世界中のコーヒー愛好家から高く評価されています。これらのコーヒー豆を通じて、タンザニアの自然や文化、人々の暮らしにも触れることができます。一杯のコーヒーから広がる世界を、ぜひ楽しんでみてください。

コメント