【コーヒー生産地】ドミニカコーヒーの魅力:3つの理由

スポンサーリンク

ドミニカコーヒーは、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国で栽培されるコーヒーのことです。この地域は、温暖な気候と豊かな土壌を持ち、コーヒー栽培に最適な環境を提供します。ドミニカコーヒーは、その独特の味わいと高い品質で知られており、世界中のコーヒー愛好家に愛されています。今回は、その魅力について、3つのポイントから紹介しましょう。

正式名称 : ドミニカ共和国

人工 : 約975万人

面積 : 48442平方km

首都 : サントドミンゴ

言語 : スペイン語

気候 : 熱帯気候で、5〜11月が雨季となる。

コーヒー年間生産量 : 3万t

スポンサーリンク

ドミニカコーヒーの基本情報 – ドミニカのコーヒーが特別な理由

カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の東側を占めるドミニカ共和国。面積は九州より少し広い程度とそれほど大きくはありませんが、カリブ海地域最高峰のデュアルテ山を中心とする中央山脈をはじめ、4つの大きな山脈が走る、起伏に富んだ国土です。このコーヒー栽培に適した山岳地帯で、希少性の高い高品質なコーヒーの生産が行われています。

ティピカの起源をたどると、元はマルチニク島に植えられた木に行き着く。そして、そのマルチニク島から1700年代にドミニカに植えられたのがドミニカでの栽培の始まりである。カリブ海の島々にはコーヒーの名産地が多い。ジャマイカ、キューバ、ハイチ、そしてこのドミニカである。一時期はカリブ海コーヒーとして認知されたこともあったが、最近ではキューバやハイチなどの産地が荒れてしまい、収穫量が減っているのが現状なのである。そのため、日本への輸出量も減り、日本ではカリブ海コーヒーへの認知度が低下してしまった。1998年のハリケーン・ジャージによる被害は甚大なもので、最近では樹高が低く、収量の多いカトゥーラ種に植え替えられる傾向があります。

ドミニカのコーヒーが他とは違う特別な理由は、その栽培環境にあります。ドミニカ共和国は、年間を通じて安定した気候があり、特にコーヒー栽培に適しています。また、火山の土壌はミネラルを豊富に含んでおり、これがコーヒー豆に独特の味わいを与えています。さらに、高い山々が多いこの国では、様々な高度でコーヒーが栽培され、それぞれ異なる特徴を持つ豆が生産されます。

魅力①:独特の風味

ドミニカコーヒーの特徴

ドミニカのコーヒーには大きく分けて2つの特徴に分かれる。生産地域や品種によって異なるものの、主要生産地であるバラオナのティピカ種系はカリブ海特有のやわらかなまめでソフトな香味が特徴となっている。中央山地に位置するシバオの高地産はコクのあるコーヒーとなる。

  • ドミニカコーヒーの味わい

ドミニカコーヒーは、その独特の風味で知られています。フルーティーで花のような香りが特徴的で、口に含むと、柔らかな甘みとともに、心地よい酸味が感じられます。

  • なぜこんなに美味しいのか

この美味しさの秘密は、ドミニカ共和国の自然環境にあります。火山の土壌で育ったコーヒー豆は、ミネラルを豊富に含んでおり、これが豊かな味わいを生み出しています。

魅力②:厳選された品質

  • 品質へのこだわり

ドミニカ共和国では、コーヒーの品質に非常に厳しい基準を設けています。農家は、最高の状態で豆を収穫し、丁寧に加工します。この徹底した品質管理が、世界中から高い評価を受ける理由です。

  • 世界が認めるドミニカのコーヒー

この高い品質のおかげで、ドミニカコーヒーは国際的なコーヒーコンテストでも多くの賞を受賞しています。その味わいは、多くの人々を魅了し続けています。

ドミニカの主な生産地

シバオ 

中央山脈に位置するシバオには大規模な農園が多く存在する。そこではカトゥーラ種が75%、ティピカ種が25%の割合で際ばされている。

バラオナ

カリブ海のそばの地域バラオナには小規模の農家が多い。バラオナでは品種の面でもティピカ種の比率が高い地域となっている。

ラミレス農園

シバオ周辺のハラバコア地区には、ドミニカ最大級の農園、ラミレス農園がある。ここではカトゥーラ種を中心に栽培しており、ヨーロッパやアメリカに多く輸出し、日本への入荷はわずかである。ここでは環境に配慮したコーヒー生産が行われている。

ぺぺ農園

小さい脳炎で、環境保全に対しての取り組みを行っている。パルピング後のパルプは堆肥にして土壌還元し、排水も浄化するなど、自然に優しいコーヒー生産を行う。

魅力③:持続可能な生産方法

  • 環境に優しい栽培

ドミニカ共和国のコーヒー生産者は、持続可能な方法でコーヒーを栽培することに力を入れています。例えば、土壌の健康を守るために、化学肥料の使用を控え、自然な肥料を使うことが多いです。

  • コミュニティへの貢献

さらに、コーヒー生産は地域社会の経済的な発展にも寄与しています。コーヒー栽培によって得られる収入は、地域の人々の生活向上に役立てられています。

品種

1998年のハリケーンによる被害は甚大だった。そのため、樹高が低く、収量の多いカトゥーラ種に植え替える傾向が見られる。バラオナにはティピカ種が残っていたが、被害によって収穫量は激減した。

栽培

亜熱帯海洋性気候のため、標高が低いにもかかわらず、中米などの高い地域と似た気候条件となる。収穫は低地では9月から、600〜1500mの高知では2〜4月である。大部分がウォッシュトで精製。

生産処理

収穫は低地は9月ごろから、高知は11月ごろから始まる。ナチュラルが多かったが、近年はウォッシュドが中心となっている。

評価方法

スクリーンサイズによる評価方法はあるもの、シバオやバラオナなどの高級品を生産する産地による格付けが主流となっている。

ドミニカコーヒーを楽しむ方法

ドミニカコーヒーを楽しむ最良の方法は、シンプルにブラックで味わうことです。その独特の風味と香りを存分に楽しむことができます。また、少しの砂糖やミルクを加えても、その味わいの変化を楽しむことができます。ドミニカコーヒーに合うお菓子としては、チョコレートやナッツ類がおすすめです。コーヒーと一緒に味わうことで、より豊かな味のハーモニーを楽しむことができます。

まとめ

ドミニカコーヒーの魅力は、その独特の風味、厳選された品質、そして持続可能な生産方法にあります。この記事を通じて、ドミニカコーヒーの新たな魅力を発見し、さらに深く楽しむきっかけになれば幸いです。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント