【コーヒー生産地】ボリビア産コーヒー3つの魅力を紹介!!

スポンサーリンク

ボリビア産コーヒーは、南米のボリビアという国で作られています。この国は、山が多く、自然が豊かな場所です。ボリビアで作られるコーヒーは、特別な味がします。それは、美しい自然の中で、丁寧に育てられるからです。ボリビアのコーヒー農家は、小さな家族経営が多く、愛情を込めてコーヒー豆を育てています。

正式名称 :

面積 : 約110万㎢

人工 : 約1135万人

首都 : ラパス(憲法上はスクレ)

主な言語 : スペイン語

スポンサーリンク

ボリビア産コーヒーの歴史

コーヒーがアンデスの高みに到達したのは、植民地時代以前の18世紀後半。当時奴隷制が敷かれていたブラジルから逃れてきたアフリカ人によってもたらされたのが始まりです。ボリビアの大地で最初にコーヒーノキが植えられたのは、熱帯雨林が広がるラパス県のユンガス地方でした。現在でもユンガス地方はボリビアの主要なコーヒー栽培地域であるとともに、植民地時代以前から興奮剤として消費されてきたコカの葉の生産地でもあります。

ボリビアで最初のコーヒー農園は、19世紀初頭にコリパタという町で生まれたという記録が残っていますが、これは主に家庭での消費を目的としたものでした。その後、19世紀末になってようやくコーヒーが換金作物として注目されるようになりましたが、それでもコカ栽培の片手間に育てるもの、という程度でしか考えられていませんでした。その頃には探検家や旅行者がボリビアのコーヒーに関する記録を残すようになり、1875年にはフランスの探検家アンドレ・ベルソンがボリビアのコーヒーを「アメリカ大陸最高のコーヒー」と評し、イタリアの博物学者ルイージ・バルザンも「素晴らしい品質」と称賛したとされています・

1930年代、ボリビアのコカ生産は相次ぐ輸出規制と国内消費の減少に見舞われました。これに加えてユンガス地方に新しい道路が開通したことで、コーヒー生産量が大幅に増加します。1940年代初頭には最初の精製施設が設立され、1964年にはボリビアが国際コーヒー機関(ICO)に加盟しました。続いて1968年には、ボリビア産のコーヒーが初めて海外に輸出され、1970年代に入ると、コーヒー生産を促進するための政策が次々と打ち出されました。さらに政府はコーヒー生産を支援するためのさまざまな機関を設立し、生産コストを補助するための助成金を提供しはじめ、コーヒーが家庭の必需品であると宣言しました。それと並行して生産者も自分たちの組織を立ち上げ始め、1976年には最初の全国コーヒー生産者協会が設立されました。

1960年代から、1970年代にかけ、ボリビア政府はラパス北部の植民地化に乗り出し、高地に住む数千世帯に対し熱帯林への移住を奨励しました。これによりボリビアのコーヒー生産量は増加し、特に標高が低く湿地の高い熱帯地域での栽培が盛んになりました。当時主に栽培されていた品種はティピカでしたが、1980年代に入ると、カトゥーラ、カトゥアイ、ムンド・ノーボなど、現地の環境に合った他の品種が導入され、ユンガス地域以外でも生産がスタートしました。

ボリビア産コーヒーの魅力1: 独特の風味

  • ボリビアの自然が生み出す味

ボリビア産コーヒーの一番の魅力は、その独特の風味です。この味の秘密は、ボリビアの美しい自然にあります。高い山々と、きれいな川が豊かな土壌を作り出し、コーヒー豆は特別な味わいを持つようになります。ボリビアのコーヒーは、少し甘くて、フルーツのような味がします。これは、ボリビア独自の自然環境と、農家の方々の手間暇が生み出す結果です。

ボリビア産コーヒーの魅力2: 小規模農家の手作り

  • 家族で育てるコーヒー豆

ボリビアのコーヒー農家は、小さい家族経営が中心です。これが、ボリビア産コーヒーのもう一つの魅力です。家族で一緒に、コーヒー豆を大切に育てています。手作りの暖かさと、家族の愛情が、コーヒー豆にも伝わっています。このようにして育てられたコーヒー豆は、品質が高く、味も良いです。

主な生産地域、標高によるボリビアの地域差

ボリビアでは、コロンビアやペルーのように国内のさまざまな地域でコーヒーが生産されているわけではなく、国内生産量の96%をラパス県が占めています。しかし他の地域でも徐々に生産量が増えており、品質の良いコーヒーが国内の消費者に受け入れられています。

小規模生産者で、家族経営の農園が主力です。標高の高さや気候、雨量も理想的なコーヒー栽培の条件が揃っていますが、近代化が遅れ、年々その生産量は減少し、全体の生産量はブラジルの大農園の1つ分より少なく、希少となっています。酸味と甘味のバランスの良さが特徴です。

ラパス県

標高2600mに位置するユンガス地方のコロイコ、コリパタ、チュルマニ、ヤナカチ、イルパナ、などが伝統的な生産地です。中でも重要なのがボリビアのコーヒーの都として知られるカラナビです。この地域は熱帯雨林に位置することから、標高が低く、気温が高くてもコーヒーを栽培することができます。またラパス北部や東部でも同じような条件でコーヒーが生産されます。

サンタ・クルス県

1980年代後半、とある協同組合によってサンタ・クルスにコーヒーが持ち込まれました。現在この地域はボリビアのコーヒー生産量の2.5%を占めています。温暖で湿度が高く、水が豊富で、平坦な土地が広がっているため機械も導入しやすいという、コーヒー生産に適した条件が備わっています。標高16000m級の山林を有するサマイパタなどの一部の自治体ではアラビカ種が生産されていますが、標高の低い平地では、ブラジル市場の需要に後押しされてロブスタ種の栽培が始まりつつあります。同様の傾向が、アマゾンの熱帯雨林に位置するベニ県とパンド県にも見られます。ここでは、森林破壊を抑制するアグロフォレストリー農法を導入するためにコーヒー栽培が奨励されていますが、生産量はまだ限られており、割合としては国内の全生産量の0.5%に過ぎません。

コチャバンバ県

コチャバンバ県チャパレ地方でコーヒー栽培が始まったのは1984年のことですが、普及までには20年以上を要し、NGOや政府がコカからコーヒーの植え替えを奨励したことで、ようやく地元の農家もコーヒー栽培をするよになりました。世界で最も湿度の高い地域のひとつであるコチャバンバ県は、標高が低く熱帯林に覆われていますが、コーヒー生産に理想的な条件を備えた地域も存在します。地元住民の努力と専門家のサポートのおかげで、2017年にはビージャ・トゥナリという自治体のコーヒーがプレジデンシャルカップで優勝し、1ポンド53ドルで販売されました。それ以来、この地域のポテンシャルが明らかになり、スペシャリティコーヒー起業家たちの間で人気が高まっています。現在、この地域が国内生産量に占める割合は0.7%です。

ボリビア産コーヒーの魅力3: 環境にやさしい栽培方法

  • 自然と共生するコーヒー作り

ボリビアの農家の方々は、環境を大切にしています。自然と仲良くしながら、コーヒー豆を育てる方法を選んでいます。これにより、土地を守り、美しい自然を次の世代にも残すことができます。このやさしい栽培方法は、ボリビア産コーヒーを特別なものにしています。

少ない生産量、高いポテンシャル : コーヒー生産と課題

1980年代にコーヒーの輸出量が増加して以降、地域経済の崩壊、政策の不徹底、技術投資の少なさ、一連の汚職スキャンダルなどにより、コーヒー産業は危機的状況に陥りました。1991年には、第二の生産者組合が設立され、コーヒーセクターの制度的枠組みが崩壊し始めます。輸出用コーヒーの品質は下がり、ボリビアのコーヒー生産者は国際基準よりも低い価格で取引せざるをえなくなってしまいました。

2004年、ボリビアは米国国際開発庁(USAID)の支援を受けて初めてのカップオブエクセレンス(COE)を開催。一部のコーヒーが高値で取引され、その品質が認められました。しかし2013年にボリビア政府がUSAIDを追放したことにより、コーヒー業界への資金援助とボリビアでのCOEは幕を閉じることになります。今日ではボリビア版COEにあたるプレジデンシャルカップが開催されています。選出されたコーヒーは、COEと同様の選考プロセスを経て、ボリビア人と外国人のジャッジによって審査され、優秀な成績を収めたコーヒーは外務省が主催するオンラインオークションに出品されます。

このような政策が取られているにもかかわらず、ボリビアのコーヒー生産はさまざまな課題を抱えています。まず同国では小規模農家が主流で、コーヒー栽培を主な収入源とする農家は全体の3分の1にすぎず、多くの農家は実入の良いコカ栽培の方が望ましいと考えています。またほとんどの生産者は潤沢な資産を持ち合わせておらず、機械や技術支援、研究開発、資金調達など、生産規模を拡大するための手段が限られています。

ボリビア産コーヒーの特徴は、多くの生産者団体が有機認証やフェアトレード認証を取得している点です。地域の気候条件や技術上の制約により、90%のコーヒーがウォッシュトですが、近年はハニープロセスやナチュラルプロセスのコーヒーも重視されつつあります。またパーチメントは「パジリ」と呼ばれる女性たちによって手で選別されてから、標高4000m以上のエル・アルトという都市で精製されます。しばらくの間ボリビアは岐路に立っており、世界的な生産国というステータスへの道のりは前途洋々とは言えずとも、現地での取り組みがこのプロセスを加速させています。多くの地元企業が斬新な技術や手法を導入し、カップクオリティを高めて国際的な評価を得ているだけでなく、地元の生産者に適正な価格を提示したり、生産工程の改善を支援したりしています。

主な農園

ラス・アラシータス農園 Las Alasitas 生産者 ペドロ・ロドリゲス

ボリビアは小規模農園が多く、近代化も遅れ、近年ではコーヒー生産量が激減していました。この状況に危機感を抱いたペドロ氏は、2012年、自社農園の経営に着手。近代的な農法を取り入れつつ、品質の向上も心がけ、見事成功を収めました。彼の手がけるラス・アラシータス農園では、山の地形に沿って秩序的にコーヒーノキが植えられ、大粒で驚くほど甘いコーヒーチェリー が育っています。現在は12の農園を所有し、ゲイシャ 、ジャバ、カトゥーラを栽培しています。また、若い意欲ある生産者の募り、彼の成功のノウハウを共有するプロジェクト「ソル・デ ・ラ・マニャーナ」がスタートするなど、常に意欲的な取り組みを行い、ボリビアンコーヒーの牽引者とされています。

ボリビア産コーヒーを楽しむためのコツ

  • おいしいコーヒーの淹れ方
  • ボリビアコーヒーと合うお菓子

ボリビア産コーヒーを最も楽しむためには、いくつかのコツがあります。まず、新鮮な水を使って、ゆっくりと時間をかけてコーヒーを淹れましょう。この方法で、コーヒーの美味しさを最大限に引き出すことができます。また、ボリビアコーヒーは、チョコレートやナッツのお菓子ととてもよく合います。友達や家族と一緒に、これらのお菓子とボリビアコーヒーで、楽しい時間を過ごしてみてください。

ボリビア産コーヒーの選び方

  • 質の高いコーヒー豆を見分けるポイント

良いボリビア産コーヒーを選ぶためには、いくつかのポイントがあります。まず、豆の色や形が均一かどうかをチェックしましょう。また、豆から良い香りがするかも大切です。信頼できる店や、品質にこだわる農家から購入することも、良い選択と言えるでしょう。

ボリビアのコーヒーの特徴

ボリビアのコーヒーは、明るい酸味と、桃、リンゴ、オレンジ、マンダリン、タンジェリンなどのフルーティーなフレーバーが特徴で焙煎中に生まれるチョコレートやキャラメルのようなフレーバーも人気の理由です。標高1800m以上になると、プラム、マンゴー、パッションフルーツ、パイナップルなど、よりエキゾチックなフルーツのフレーバーが出てくる。ウォッシュトコーヒーは花のような甘い香りがし、ナチュラルコーヒーはレッドフルーツの香りがする傾向がある。

スペシャリティコーヒーがアンデスに降り立つまで

ボリビア国民はもともと大のコーヒー好きというわけではありませんでしたが、この5年間で状況は大きく変わりました。コーヒー文化が急速に発展し、高品質なボリビア産コーヒーの消費が促され、生産者の取り分を増やすためにバリューチェーンの短縮化が画策されています。

ラパス県だけでも、スペシャリティコーヒーショップの数は、2015年の1軒から10軒以上に急増。国内最大の自治体サンタクルス県でも同じ傾向が見られ、コチャバンバ県やスクレ県などの小規模な地域でも、昔ながらのコーヒーショップが幅広い抽出方法を導入しつつ、多様な産地や品質のコーヒーをメニューに追加するようになりました。このような傾向は都市部に限られたものではなく、生産者やその家族も生産地でスペシャリティコーヒーショップを開き始めています。

これと並行して、消費サイドの取り組みもコーヒーシーンの変化を後押ししています。スーパーマーケットでは、国内で生産され、地元のロースターが焙煎したコーヒーが置かれるようになり、焙煎機やグラインダー、抽出器具を扱う専門店も増えています。たった5年前までは、スペシャリティコーヒーのほとんどが輸出用であったため、地元の人々はスペシャリティコーヒーのついて知識や関心がなく、このような店はなかなか見つかりませんでした。しかし今では多くの人々が情報にアクセスできるようになったため、伸びる需要に呼応して手に入るコーヒーの種類も増加傾向にあります。

また、地元の人々のキャパシティ・ビルディング(能力開発)も進んでいます。2018年にラパスでスペシャリティコーヒー協会(SCA)の認証を受けた初のバリスタトレーニングプログラムが開始され、現在ではSCA公認のトレーナーが国内に5人います。同年に開催された国内初のバリスタ競技会には数名の参加者が集まり、エアロプレスやカッピング競技会で好まれるような、実験的な抽出方法を試すバリスタ の姿が見られました。これらの取り組みは全国カッパー・ロースター・バリスタ協会やボリビアコーヒー連合といった組織の設立、さらには国際機関や地方自治、公的機関いよって支えられました。

この波を起こしているのは、親から受け継いだ伝統を守りつつ、コーヒーに付加価値をつけるために新しいコーヒーの世界に飛び込んだ生産者の子供達を中心とする若者です。この熱気があるからこそ、ボリビアのコーヒー産業は必要な支援さえ受ければ、地域経済を活性化しつつ、コーヒーの品質を高め、市場の需要に答えられると信じることができるのです。

結論: ボリビア産コーヒーで特別なコーヒータイムを

ボリビア産コーヒーは、その独特の風味、家族経営の農家による手作りの暖かさ、そして環境にやさしい栽培方法が魅力です。これらを知ることで、コーヒータイムがもっと特別なものになるでしょう。ボリビア産コーヒーを選んで、素敵なコーヒータイムをお楽しみください。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube