【コーヒー生産地】ルワンダのコーヒーの4つの魅力を紹介!!

スポンサーリンク

ルワンダコーヒーは、アフリカの中心に位置する国、ルワンダで栽培されるコーヒーのことを指します。この国は、山が多く、豊かな土壌と適度な雨量に恵まれており、コーヒー栽培に最適な環境を持っています。ルワンダコーヒーは、独特の風味と高い品質で、世界中のコーヒー愛好家から高い評価を受けています。この記事では、その魅力について、4つのポイントからご紹介します。

正式名称 : ルワンダ共和国

人口 : 974万人

面積 : 26338平方km

首都 : キガリ

言語 : キニアルワンダ語

コーヒー年間生産量 : 1.8

スポンサーリンク

ルワンダコーヒーの基本情報 – なぜルワンダのコーヒーは特別なの?

植民地時代に外貨を獲得する政策として、各農家に70本の木の栽培を義務付けたことから、ルワンダのコーヒーの歴史は始まった。

ルワンダは現在でも大規模の農場が無く、50万もの、小規模農家によってコーヒー栽培が行われており、農家一軒あたり平均200本もの樹を植えている。ルワンダnコーヒー産業は小規模農家が支えているのである。小規模農家の栽培の特徴としては、標高1500〜2000mの高地の火山灰質の土壌で、農薬や有機肥料を使用しない自然栽培を行っていること。

現在、ルワンダ 経済においてコーヒーは輸入売り上げのトップであり、重要な農作物である。地方に住む人々にとって、最も大きな収入源となっている。

ルワンダのコーヒーが特別な理由は、その栽培環境にあります。ルワンダは赤道に近いため、一年中温暖な気候が続きます。さらに、高地での栽培が多いため、昼夜の温度差が大きく、これがコーヒー豆の味わいを豊かにします。また、火山土壌で育つため、ミネラルを豊富に含んだ豆ができるのです。これらの条件が合わさって、世界でも珍しい、果実味豊かなコーヒーが生産されます。

魅力①:独特の風味

  • ルワンダコーヒーの味わい

ルワンダコーヒーは、フルーティーでクリーンな味わいが特徴です。特に、赤い果実のような明るい酸味と、甘いアフターテイストが楽しめます。

  • どうしてこんなに美味しいの?

この独特の風味は、ルワンダの自然環境が生み出すものです。高地で育つことで、ゆっくりと成熟する豆は、味わい深く、香り高いコーヒーになります。

品種

ルワンダのコーヒー生産はコーパック農協の存在なしには語れない。2007年の東アフリカコーヒー協会に東アフリカのベストコーヒーとして認められた同農協では、学校や医療施設の建設、道路や橋を整備、女性や若者が権利を持てる環境づくりへ積極的に取り組んでいる。また、シェードツリー を植樹したり、排水処理を徹底したりと環境へに対応にも同協会の姿勢が現れている。

ほとんどの品種がブルボン 種である。1904年にドイツ人宣教師が持ち込んだブルボン 種を南西部のミビリッチで栽培を開始させたのがルワンダのコーヒー栽培の由来である。

魅力②:高い品質管理

  • 品質へのこだわり

ルワンダでは、コーヒーの品質を高めるために、栽培から収穫、加工に至るまで、厳しい品質管理が行われています。農家は、手摘みで完熟した豆だけを収穫し、丁寧に処理します。

  • 世界が認める理由

この徹底した品質管理のおかげで、ルワンダコーヒーは、世界のコーヒー品評会で高い評価を受けることが多く、世界中のコーヒーファンから愛されています。

精製方法

ルワンダでのコーヒーの精製は、以前はナチュラルの精製だったが、2001年からスペシャリティコーヒーに取り組み、2008年までにおよそ130の精製工場が造られ、品質の大幅な向上が図られた。収穫したコーヒーチェリー を農家が近くのステーションに持ち込んで、丁寧な精製によってハイクオリティーな豆を生産している。

乾燥は天日乾燥が主。水栓処理されたコーヒー豆は、乾燥棚で2週間以上かけて天日乾燥し、水分値が10.5%になるまで乾燥させる。乾燥と同時に、色や形の悪いものはて選別される。

魅力③:豊かな種類

  • ルワンダコーヒーの種類

ルワンダでは、様々な種類のコーヒーが栽培されています。それぞれの地域によって、風味や香りが異なるため、多様な味わいを楽しむことができます。

ルワンダのコーヒーは、小粒のブルボン種で香りが高く、クリーンかつマイルドで、澄んだ香味を持っているのが特徴。質の高いものはチェリーのような香味がある。

  • 各種類の特徴

例えば、北部地域では、ナッツやチョコレートのような風味が特徴です。一方、

南部地域では、柑橘類やベリー類の酸味が強いコーヒーが多く見られます。

魅力④:持続可能な生産

  • 環境にやさしい栽培方法

ルワンダのコーヒー生産者は、環境を守りながらコーヒーを栽培する方法を取り入れています。例えば、化学肥料や農薬の使用を控え、自然の肥料を利用することで、土壌と環境を保護しています。

  • コミュニティへの貢献

また、コーヒー生産は、地域社会の生活向上にも貢献しています。農家の収入向上はもちろん、教育や医療への支援など、コミュニティ全体の発展につながっています。

主な農園

コーパック農協

2198のメンバーで構成される農協。3つのウォッシングステーションとドライミルを持ち、一貫生産を行う。コーパック農協のブルボン 種は、クリーンでマイルドで澄んだ香味の味わいが特徴的である。

地域 : ルワンダ Rubavu,Rutsiro

平均標高 : 1500~1900メートル

栽培品種 : ブルボン

精製法方 : ウォッシュト

認証 : フェアトレード

ルワンダコーヒーを楽しむ方法

ルワンダコーヒーを最大限に楽しむには、以下の方法を試してみてください。

  • 自宅でのおすすめの飲み方

フレンチプレスやドリップで淹れることで、ルワンダコーヒーの風味を引き出すことができます。特に、ブラックで飲むことで、その独特の酸味と甘みを堪能できます。

  • ルワンダコーヒーに合うお菓子

チョコレートやナッツ類のお菓子と一緒に味わうと、コーヒーの風味がより引き立ちます。お友達や家族と一緒に、特別なコーヒータイムを楽しんでみてください。

まとめ

ルワンダコーヒーの魅力は、独特の風味、高い品質、豊富な種類、そして持続可能な生産方法にあります。この記事を通じて、ルワンダコーヒーの新たな魅力を発見し、さらに深く楽しむきっかけになれば幸いです。

コメント