【コーヒー生産地】世界大3位の生産力、FNCが管理する高品質コーヒー、コロンビア!!

スポンサーリンク

コーヒーは世界中で愛されている飲み物ですが、その中でもコロンビアのコーヒーは特別な位置を占めています。なぜコロンビアのコーヒーがこれほどまでに評価され、愛され続けているのでしょうか?この記事では、コロンビアコーヒーの魅力の秘密に迫ります。豊かな自然と熟練の技が生み出す、世界でも類を見ない品質のコーヒー。その背景には、農家の方々の情熱と、品質を守るために尽力するFNC(コロンビアコーヒー生産者連合)の存在があります。コロンビアのコーヒーがどのようにして私たちのカップに届くのか、その旅をご紹介します。

正式名称 : コロンビア共和国

面積 : 約114万㎢

人工 : 4965万人

首都 : ポゴタ

主な言語 : スペイン語

気候 : 標高により熱帯気候、亜熱帯気候、温帯気候、寒帯機構に別れる

コーヒー年間生産量 : 約831480t(2018,2019)

収穫時期 : 4~6月、10~1月

スポンサーリンク

コロンビアコーヒーの魅力とは?

コロンビアから来るコーヒーは、世界中で愛されています。その理由は、特有の味わいと香りにあります。コロンビアの自然が生み出す豊かな土壌と適度な雨、暖かい日差しが、コーヒー豆に独特の風味を与えるのです。

  • 世界で愛されるコロンビアコーヒー
    コロンビアコーヒーが世界で選ばれる理由は、その品質の高さにあります。山々に囲まれた土地で、丁寧に育てられたコーヒー豆は、一粒一粒が愛情を感じさせるほどです。
  • コロンビアがコーヒー生産で特別な理由
    コロンビアは、年間を通じて安定した気候が続くため、コーヒーの栽培に最適な条件が揃っています。この恵まれた環境が、他にはない味わい深いコーヒーを生み出しているのです。

FNCとは?コロンビアコーヒーの品質管理

標高5000mを超えるアンデス山系のふもとで行われるコロンビアのコーヒー生産。生産者のほとんどが標高1000〜2000mの山の急斜面にある小規模農園でありながら、ブラジル、ベトナムに次ぐ、世界第3位の生産量を誇っています。気候は地域によって異なり、それぞれの地区によって異なり、それぞれの地区で個性の異なるコーヒーが作られています。メインクロップと「ミタカ」と呼ばれるサブクロップの年2回収穫を行う地域もあります。

コロンビアのコーヒー生産を支えるのがコロンビア国立珈琲生産者連合会(FNC)です。コーヒーの生産から流通までを管理し、スペシャリティコーヒーへの取り組みも積極的に行っています。「スタンダードより特殊であること」を根底としたスタンスで、特定原産地のコーヒーやサスティナブルコーヒーを推進している。シェードツリー を利用した栽培、ハンドピックによる収穫、水の利用を抑えるための小規模農家用の最新機器の導入など、隣国のブラジルとは違ったアプローチで、特徴ある高品質な豆を生産しています。赤道直下にあるため、年に2回収穫期があるのも特徴です。

  • FNCの役割とコーヒー生産への影響
    FNCは、コーヒー生産者の生活を向上させるための支援を行いながら、世界に誇れる品質のコーヒーを育てています。教育や技術の提供を通じて、豊かなコーヒー文化を守り続けています。
  • 高品質コーヒーを守るFNCの取り組み
    品質管理は、FNCの重要な仕事の一つです。定期的な検査と評価を行い、コロンビアコーヒーが常に高い水準を保てるように努めています。この厳しい基準が、世界中で愛されるコーヒーを生み出しています。

コロンビのコーヒーの特徴

コロンビアのコーヒーはジューシーな酸味とボディ感があるほか、フルーティなコーヒーも多く作られています。小規模ながら、ゲイシャ などの個性的な品種を栽培したり、有名な生産者も輩出しています。

栽培品種

カトゥーラ、カスティージョ、コロンビア、ブルボン、ティピカなどがおもに栽培されている。

主な農園

トレド村の小農家

トレド村には古くからティピカ種が植えられ自然が残っている。ティピカ種本来の香味を持つ豆が少なくなったコロンビアにおいて、非常に貴重な場所である。

オズワルド農園

シェードツリー の下で環境に配慮した有機栽培を行っており、「レインフォレスト・アライアンス」の認証も取得している。マイルドで良質なコーヒーを産出している。

コロンビアコーヒーの生産過程

コロンビアコーヒーの生産過程は、種をまくところから始まります。愛情を込めて育てられた豆は、一つひとつ手で収穫され、最高の味を引き出すために丁寧に処理されます。

  • 種からカップまでの旅
    コーヒー豆の旅は、種が土にまかれるところから始まります。成長して実をつけた後、豆は収穫され、乾燥、選別されてコーヒーとしての旅を続けます。
  • コロンビアの農家と生産方法
    コロンビアの農家では、伝統的な方法でコーヒーが育てられています。家族みんなで豆の世話をし、最高の品質を追求しています。この手間ひまかけた生産方法が、特別な味わいを生み出しています。

生産処理

収穫は10〜1月と4〜6月の年に2回行われる。ウォッシュドが中心。小農家においても戸別に精製を行っている。近年では水不足や水源の汚染などの問題から、水を使用することの少ないセミウォッシュトの機械の導入が見られる。

評価方法

スクリーンサイズによって格付けされる。スクリーンサイズがS17(6.75mm)以上の豆は「スプレモ」、 S14(5.5mm)~16(6.5mm)のものは「エクセルソ」と分類される。

コロンビアコーヒーを楽しむ方法

コロンビアコーヒーを最大限に楽しむには、いくつかのポイントがあります。自宅での淹れ方から、コーヒーを味わう新しい方法まで、幅広く紹介します。

  • 自宅でのコーヒーの淹れ方
    コーヒーを淹れる際は、新鮮な水と適切な温度が大切です。コロンビアコーヒーの豊かな風味を引き出すためには、丁寧な抽出が必要になります。
  • コーヒー愛好家必見!コロンビアコーヒーの楽しみ方
    コーヒーを楽しむ方法は、飲むだけではありません。コーヒー豆を使った料理やデザートもおすすめです。コロンビアコーヒーの風味を、さまざまな形で楽しんでみてください。

コロンビアコーヒーをもっと知るために

コロンビアコーヒーの魅力を深く知りたい方には、コーヒーツアーやイベントがおすすめです。実際にコロンビアのコーヒー農園を訪れることで、コーヒーへの理解が一層深まります。

  • コーヒーツアーと体験
    コロンビアでは、コーヒー農園を訪れるツアーが人気です。実際に農園を歩き、コーヒーの栽培や収穫の様子を見ることができます。コーヒーへの愛が深まる体験となるでしょう。
  • コロンビアコーヒー関連のイベント情報
    コーヒーの祭典や展示会など、コロンビアコーヒーをテーマにしたイベントがたくさんあります。最新のコーヒートレンドを学び、同じ趣味を持つ人たちと交流するチャンスです。

まとめ

コロンビアのコーヒーについて深く知れば知るほど、その魅力は無限に広がっていきます。農園での一つひとつの手作業から、私たちのカップに注がれるまで、多くの人々の努力と愛情が込められています。コロンビアコーヒーを淹れるたび、その香りと味わいを楽しむたびに、遠く離れたコロンビアの大地とそこで暮らす人々とのつながりを感じ取ることができるでしょう。コロンビアコーヒーを通じて、より豊かなコーヒータイムをお楽しみください。そして、この記事がコロンビアコーヒーへの新たな扉を開く一歩となりますように。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント