【コーヒー生産地】世界的に評価の高いマンデリン、インドネシア 【豆選び】

スポンサーリンク

コーヒーは世界中で愛されている飲み物ですが、中でも特別な味わいを持つ「マンデリンコーヒー」に注目が集まっています。インドネシアのスマトラ島で栽培されるこのコーヒーは、その独特の風味と香りで多くのコーヒー愛好家を魅了しています。では、マンデリンコーヒーがどのようにして世界的に評価されるようになったのか、その歴史や生産過程、さらには美味しく楽しむためのコツについてご紹介しましょう。

正式名称 : インドネシア共和国

面積 : 約189万㎢

人工 : 約2億5500万人

首都 : ジャカルタ

主な言語 : インドネシア語

気候 : 熱帯気候とモンスーン気候に分かれ、11〜4月が雨季となる。

コーヒー年間生産量 : 41.1万t

スポンサーリンク

マンデリンコーヒーって何?

マンデリンコーヒーはインドネシアのスマトラ島で作られるコーヒーです。このコーヒーは味が深く、香りが高いことで有名です。世界中の人々に愛されています。では、マンデリンコーヒーがどうしてこんなに特別なのか見てみましょう。

特徴

  • 深い味わい: 土のような味があり、力強いです。
  • 高い香り: スパイスやハーブのような香りがします。

インドネシアの中でもスマトラ島が国内コーヒー生産の75%の量を占めている。スマトラ島ではリントンやアチェ地方が産地として知られている。「マンデリン」とはそもそも「スマトラ島北部で生産されるアラビカ種のコーヒー」のことであり、かつてはマンデリン族による栽培が行われていたという。

マンデリンコーヒーは他とは違う独特の味があります。その理由を次に見てみましょう。

マンデリンコーヒーの歴史

インドネシアでは数百年前からコーヒーが作られています。マンデリンコーヒーが特に有名になったのは、独自の栽培方法と豊かな土壌のおかげです。

始まり

  • 数百年の歴史: インドネシアは長い間、コーヒーの生産で知られています。
  • 独自の方法: マンデリンコーヒーは特別な方法で作られています。

かつて、オランダが、植民地であったインドネシアに珈琲プランテーションを築いて、時刻にコーヒーを送り富を得ていた。1699年にコーヒーノキが植樹され、一大コーヒー生産国になるも、1877年にセイロンで害虫が裏側に付着して斑点となって現れるさび病の発生を受け、アラビカ種の大部分が壊滅してしまった。現在は病害に強いロブスタが主流になっています。ただし、スマトラ島のマンデリンや、スラウェシ島のトラジャなど、最高品質のアラビカ種も一部で栽培され、高値で取引されています。

このコーヒーの歴史は、今日私たちが楽しんでいる味の一部となっています。

マンデリンコーヒーの生産過程

マンデリンコーヒーを作る過程は非常に手間がかかります。このコーヒー豆が豊かな味を持つ理由の一つです。

栽培から収穫まで

  • 手作業での収穫: 豆は一つずつ手で選ばれます。
  • 丁寧な処理: 収穫後、豆は特別な方法で乾燥させられます。

豆がローストされると、マンデリンコーヒーの特徴的な味が生まれます。

品種

インドネシアではカネフォーラ種(ロブスタ種)が90%と圧倒的に多く栽培されている。アラビカ種は全体の10%にすぎない。最近ではスマトラ島のマンデリンはカチモール種(ハイブリッド種)が多数を占めている。

等級

インドネシアでは、生豆300g中の欠点数でコーヒー豆が格付けされ、グレードという形式で分類される。グレード1(G1)が最高の評価で、最大で11欠点。以下、欠点の数が増えるにしたがって、グレード2、グレード3と評価が下がっていくのである。

栽培

インドネシアではコーヒーの栽培地の多くは赤道より南の場所に位置するため、収穫の時期は4〜10月である。しかし、赤道以北のスマトラ島では収穫時期が10月〜4月ぐらいまでとなり、比較的ゆっくりとしたペースで収穫が行われるのである。

精製

インドネシアでは、精製方法の多くがナチュラルで、ウォッシュトは5%程度である。スマトラは乾燥場が少なく雨が多いため、パーチメントを速く乾燥させる方法として、スマトラ式といわれる精製方法を採用している。

主な生産地

リントンマンデリン

所在地 : リントン・ニ・フタ地区

農地面積 : 40の小農家で栽培

平均標高 : 約1200メートル

栽培品種 : ティピカ

精製方法 : スマトラ式

スマトラ島のリントン・ニ・フタ地区にある40の小農家の樹から栽培されているリントンマンデリン。樹齢70年を超えるものも多く、古い品種が残ったものとも。一般的なマンデリンとは異なり、果肉助教したパーチメントを早朝にスマトラ島北部のメダンにある工場に運び、半日天日乾燥をする。その後脱穀して、3日ほど棚で乾燥する。比重選別とハンドピックで最終仕上げの後、輸出している。

ワハナ農園

スマトラ島のシディカランにある。通常のスマトラ式ではなく、ナチュラルのマンデリンという非常にユニークなコーヒーを生産している。

スラウェシ島はインドネシアの生産量の9%を占め、カロシやトラジャが有名。ジャワ島は12%。ジャワ島ではロブスタ種が多く栽培されており、国営の農園と民間の大農園がある。

マンデリンコーヒーを楽しむためのコツ

美味しいマンデリンコーヒーを淹れるには、いくつかのポイントがあります。

淹れ方

  • 新鮮な水を使う: コーヒーの味を良くするためには、きれいな水が大切です。
  • 適切な温度: 水の温度は90度から95度が最適です。

これらのコツを押さえると、マンデリンコーヒーの味をより楽しめます。

マンデリンコーヒーを購入できる場所

マンデリンコーヒーは日本でも購入できます。インターネットや専門店で見つけることができます。

購入方法

  • インターネット: 家から簡単に注文できます。
  • 専門店: 専門知識を持つ店員さんからアドバイスをもらえます。

このコーヒーを手に入れて、特別なコーヒータイムを楽しんでください。

まとめ

マンデリンコーヒーは、その深い味わいと香り高い風味で、コーヒーを深く愛する人々にとってかけがえのない存在です。インドネシアの豊かな土壌と、丁寧な手作業によって作られるこのコーヒーは、世界中で評価されています。今回紹介した生産過程や淹れ方のコツを参考にして、マンデリンコーヒーの魅力を存分に味わってみてください。自宅でのリラックスタイムや大切な人との会話を彩る、特別な一杯を楽しむことができるでしょう。マンデリンコーヒーを通じて、コーヒーの新たな世界を探求してみてはいかがでしょうか。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント