【コーヒ生産地】ハワイコーヒーの魅力、3つの秘密【コナコーヒー】

スポンサーリンク

ハワイコーヒーは、美しいハワイの島々で育つ、特別な味わいが楽しめるコーヒーです。温かい太陽の光、豊かな土地、きれいな水が合わさって、世界中で愛されるコーヒー豆ができあがります。この記事では、そんなハワイコーヒーの魅力と、その魅力がどこから来るのかを、わかりやすくお話します。

正式国名 : アメリカ合衆国

人工 : 約126万人

面積 : 1万6635平方km

首都 : ホノルル

言語 : 英語

気候 : ハワイ島は標高差が激しく、1つの島の中に11の気候帯があると言われている。

スポンサーリンク

ハワイコーヒーの基本情報 – ハワイでコーヒーが育つ理由

ハワイのコーヒーが特別な理由は、ハワイの自然環境にあります。ハワイは、年間を通して温暖な気候で、山が多く、豊富な雨水があります。このような環境は、コーヒー豆を育てるのに最適です。特に、火山の土壌は、ミネラルが豊富で、コーヒー豆に深い味わいを与えます。

評価方法

ハワイでのコーヒー栽培においては、厳しい輸出規格がある。等級はスクリーンサイズと欠点数で決まり、決められた等級以外では輸出できない。また、水分値が12%を超えた場合も輸出できない。そして、粒の大きい順に、エクストラファンシー、ファンシー、No.1の順に格付けされていくが、エクストラファンシーは現地でもあまり売られていないほどの希少品である。また、ピーベリーは他の国と異なり、エクストラファンシーと同じ価格で取引される。

主な生産地

ハワイのコーヒー農園で特に注目したいのが、グリーンウエル農園。1850年にイギリスからハワイに移住した初代農園主ヘンリー・ニコラス・グリーンウエルが、40年もの長い歳月をかけてコナ地区に作り上げた歴史ある農園だ。

ハワイ島コナ地区の標高600〜700mに位置する農園で観光名所の1つにもなっている。ヘンリー・ニコラス・グリーンウエルが約40年かけて作りあげた。

地域 : コナ地区

平均標高 : 600~800m

栽培品種 : ティピカ

精製方法 : セミウォッシュト

おもな栽培地域は、西部のホルアロア、キャプテンクック、ホナウナウを中心としたコナ地区と呼ばれる一帯。北西から吹く風がフアラライ山上空で雲となり、コーヒー農園が点在する西側の斜面に豊かな雨を降らせます。

ハワイ諸島ではほかにカウアイ島やマウイ島でもコーヒー栽培が行われていますが、ほとんどがアメリカ国内で消費されています。

栽培

ティピカ種が主な栽培品種で、収穫は10月〜1月にかけて。小農家はコーヒーチェリー を大農園に売って、中規模農園はパーチメントまで作り、脱穀、選別は精製工場に依頼している。

精製

以前はウォッシュトが中心だったが、最近ではセミウォッシュトが増える傾向にある。一般的に乾燥は天日乾燥が多いが大規模農園ではドライヤーを使用することもある。

ハワイのコーヒーの特徴

高級品として知られているコナコーヒーは、日本でも昔から親しまれてきたコーヒーである。その特徴は、草や木を思わせるような甘い香りと、柑橘系の果実の酸も味わえるマイルドさを併せ持っていることが特徴のひとつだ。濁りを感じさせない、きれいなカップも際立つ。

魅力①:ユニークな風土で育つ

ハワイ島は有機質に富んだ火山性の肥 な土壌に適度な雨量があり、昼夜の寒暖差も大きく、コーヒー栽培に非常に適した環境が広がっています。

  • ハワイの自然が生み出す味

ハワイのコーヒーは、その生まれた環境から、独特の風味を持っています。火山の土壌で育つことで、豆にはフルーティーな味や、スパイシーな香りが生まれます。

  • 独特の気候とその影響

ハワイは、晴れの日が多く、適度な雨が降ります。この理想的な気候が、コーヒー豆をじっくりと成長させ、味わい深いコーヒーを作り出しています。

魅力②:種類の豊富さ

  • コナコーヒーとその特徴

ハワイで最も有名なコーヒーがコナコーヒーです。コナ地区で育つこのコーヒーは、滑らかで豊かな味わいが特徴です。コナコーヒーは、世界中のコーヒー好きから高く評価されています。

その名が知れ渡り、すっかり人気商品となった”ハワイのコナコーヒー”だが、栽培開始は比較的最近のことである。1982年にグアテマラのティピカ種がハワイのコナ地区に導入されたことだが、ハワイでのティピカ種栽培の始まりである。カウアイ島、マウイ島でも栽培されているが、ハワイ島のコナコーヒーが最も有名である。

コナ地区は標高600m前後だが、海洋性気候のため、中米の1200m程度の気候条件と同等である。平地に比べて涼しく、午後は曇ることが多いため、シェードツリー を多く必要としない。雨が少ない平地と対照的に、山には雨が多く降るのも特徴だ。ハワイコナはホルアロア、キャプテンクック、ホナウナウの3地区で栽培されている。

  • 他の地域のハワイコーヒー

コナ以外にも、ハワイにはマウイやカウアイなど、他の地域で育つユニークなコーヒーがあります。それぞれの地域で、風味や香りが異なるコーヒーを楽しむことができます。

魅力③:高品質へのこだわり

  • 栽培から収穫までの手間ひま

ハワイのコーヒー農家は、豆の品質を保つために、栽培から収穫まで、手間ひまを惜しまずに取り組んでいます。手摘みでの収穫など、丁寧な作業が、高品質なコーヒーを生み出しています。

  • 品質管理の厳しさ

ハワイでは、コーヒーの品質を守るために、厳しい基準が設けられています。この基準をクリアしたコーヒーだけが、ハワイコーヒーとして世界に送り出されます。

ハワイコーヒーをもっと楽しむために

ハワイコーヒーをより深く味わうには、以下の点を試してみてください。

  • おすすめの飲み方

ハワイコーヒーは、ブラックで飲むと、その豊かな味わいを最大限に楽しむことができます。また、少しの砂糖を加えると、味にまろやかさが加わります。

  • ハワイコーヒーに合うお菓子

チョコレートやナッツ類は、ハワイコーヒーの味を引き立てるお菓子です。一緒に楽しむことで、コーヒータイムがさらに特別なものになります。

まとめ

ハワイコーヒーの魅力は、その生まれた環境、種類の豊富さ、そして高品質へのこだわりにあります。この記事を通じて、ハワイコーヒーの新たな魅力を発見し、さらに楽しむことができれば幸いです。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント