【仮想通貨】Web3.0版SNS Phaverを始めてみた 【Twitter】【給付金案件】

スポンサーリンク

Web3.0版SNSと呼ばれているPhaver。

Twitterみたいなもので、ポイントを稼ぐことができ、それが将来的にはトークン(仮想通貨)と交換できるようになるそうな。

とりあえず無料なので始めてみたよ。

Phaverとは

PhaverとはTwitterのWeb3.0版と呼ばれる次世代SNSアプリです。

Phaverを始める

Phaverが期待される理由

給付金期待のLens Protocolがサポートしてるということで注目しています。

Twitterは中央集権で企業の影響が強く、運営に管理されておりツイート次第では凍結や削除などされます。また利益は企業が受け取り、ユーザーにはありません。

Phaverは非中央主権で、個々それぞれが価値を生み出すことができ、生まれて利益はそれぞれに分配されます。

イーサリアムの考案者、ヴィタリックもアカウントがあることから話題になってます。

どれくらいの価値があるかはわかりませんが、獲得したポイントが将来的にトークン(仮想通貨)と交換してもらえそうなので、とりあえずやっとく。

Phaverの始め方

まずはアプリをダウンロードします。

Phaverをダウンロードする

⭐︎Lensのアカウントがなくても始められます!!

Invite Codeを入力します。

「Ushi」と入れてもらえると嬉しいです。

メールもしくはグーグルアカウント、フェイスブックアカウント、アップルアカウントのどれかを使ってサインアップします。

名前、ユーザーネーム、プロフィール画像を設定します。

これでアカウント作成は完了です。お疲れ様でした。

LENSのNFT所有してる人はPhaverとコネクトしとくいいでしょう。

Phaverの使い方

アプリを起動すると上記のような画面が最初は表示されます。

とりあえず「Let’s find you a topic to join」が邪魔なので、+マークをタップしてフォローしましょう。

フォローすると上記のように本来の表示なります。操作はTwitterに似ているので、Twitterを利用してる人にとっては簡単だと思います。

Phaverでできること

  • 投稿
  • フォロー
  • 投稿に対して「いいね」
  • 他の人が投稿したコンテンツをシェア、もしくは引用投稿
  • リプライ
  • ステーキング
投稿のやり方

ホーム画面のPostをタップします。

シェアしたい文、リンク、写真を設定したら、右上のNextをタップします。

投稿は基本英語らしいです。日本語で投稿したい場合は次のTopic選択でJapaneseがついてるものを選択しましょう。

ここで、自分の投稿に合ってるTopicを選択します。

選択したら右上のPOSTをタップして投稿完了です。

ポイントの稼ぎ方
  • 通常の投稿にステーキングされる +1
  • プレミアム投稿にステーキングされる +10
  • 招待リンクから登録してもらう +10

現在毎日 5トークン与えられ、ステーキングすることができます。

画像の赤丸部分のマークをタップするとステーキングできます。

ステーキングした投稿がさらに「伸びた」場合や、自分の投稿が「ステーキングされた」場合にトークンをさらに獲得できます。

ステーキングした投稿はプロフィールのところで見ることができます。

投稿は普通の投稿とプレミアム投稿とあり、プレミアム投稿には50p消費します。

プレミアム投稿でバズるとたくさん稼げるってことですね。

獲得トークンは以下の左側の画像上部のように表示されます。このトークンはPhaverがオフィシャルローンチされた際に1:1の割合でユーティリティトークンへと変換される予定です。

Level上げ

レベル上げをする理由は以下のを参考に↓

Level2にする方法

おそらくこれば1番簡単だと思うので、さっさとやってしまいましょう↓

KLEOVERCEで「GITTHUB PASSPORT」をミントします。

PCのPhaverにアクセスします。

先ほどミントしたNFTをVertifyします。

これでLevel2になります。

レベル2にする他の方法↑

レベル3はカミングスーンです。

ちなみ指定のNFTを持ってると、何かしら特典を得られらしい。

NFT一覧↓

コミュニティガイドライン

とりあえずやっといて損はなさそう

  • 無料で始められる
  • 報酬を獲れる

取りえあず無料で始めれてエアドロ期待だからやっておいて損はないかと。

Twitterに似ているので操作はわかりやすいいし、Web3.0次世代アプリに触れるいい機会だと思います。

クリプト関連の投稿が多いのと、基本英語ってところで、うまく使えば海外クリプト事情を早くしれそう。

クリプト関連は海外のが何かと早いし、強制的に英語力鍛えれそう笑

まとめ

以上、次世代SNS Phaverについて紹介しました。

認識としては

  • Twitterみたいなもの
  • それぞれで価値を生み出し分配できる
  • 将来的にトークンもらえそう

というところでしょうか。

とりあえずまだ始めたばかりなので、どんどん使ってみようかなと思います!!

始める方はDYORで!!では.

⏩Phaverを始める