【給付金案件】マイナンバーカード発行で最大2万円分ゲット!!やり方、詳細を紹介!!【12月末まで】

スポンサーリンク

みなさんはマイナンバーカードを持っていますか?

現在マイナンバーカードを発行すると最大2万円分のマイナポイントゲットできます!

無料で2万円分ゲットできるので、マイナンバーカードを作ってみました!

今回はやり方など、詳細を紹介していきます。

※期限 : 2022年12月末まで

マイナンバーカードで2万円分ゲットの詳細

  1. マイナンバーカード新規取得(最大5000円分)
  2. 健康保険証としての利用申し込みを行う(7500円分)
  3. 公金受取口座の登録を行う(7500円分)

※マイナポイント申し込み期間 : 2023年2月末まで

ただしマイナンバーカードの交付申請期限は2022年12月末までなのでお早めに!

※マイナンバーカードの新規取得などによるマイナポイントは、マイナポイントの申し込み後、選択したキャッシュレス決済サービスでチャージまたはお買い物をする必要があります。

マイナポイントとは

マイナポイントは、マイナンバーカードの普及や活用を促進するとともに、消費を活性化させるため、QRコード決済や電子マネーなどのキャッシュレス決済サービスで利用できるマイナポイント(一人当たり最大2万円分)を付与する事業です。

マイナポイントを最大2万円分ゲットするやり方(画像付き)

手順その1マイナンバーカードを取得する

まずはマイナンバーカードを発行します。

通知カードと一緒に、申請書がついています。そこについているQRコードから行うと楽でしょう。

利用規約の確認

メールアドレスの登録。登録したメールアドレスにメールが届きますので、そこに記載されているURLをクリックし発行手続きを進めていきます。

顔写真の登録、個人番号カードに印刷する顔写真をアップロードします。

手順その2 交付通知書が届く

マイナンバーカードを申請したら、1ヶ月くらいで通知書が届きます。

手順その3 交付場所で受け取る

通知書が来ましたら以下の書類を持って交付場所にいきます。お近くの役所になると思います。

  • 通知書
  • マイナンバー通知カード
  • 身分証

受け取りに行く際には事前予約をおすすめします。

予約しなくても受け取りできますが、けっこう待たされます。

僕は1時間ほど待ちました。

手順その4 マイナポイントの申し込み

マイナンバーかどを受け取ったらマイナポイントの申し込みを行います。

端末によって申し込みできるサービスが異なります。

マイナポイントを申し込む

今回はスマホでの場合を説明していきます。

まずマイナポイントアプリをダウンロードします。

⏩マイナポイントアプリをダウンロード

「申し込む」をタップします。

「はじめる」をタップします。この時にマインナンバーカードを読み取ります。

申し込みするキャンペーンを選択します。

受け取る決済サービスを選択します。

今回楽天ペイを選択しました。

ここから先は楽天ペイアプリに移行して申し込みを進めていきます。

以上でマイナポイント申し込完了です、お疲れ様でした。

説明が不十分かもしれないので、詳しくはこちらを参考にしてください↓

マイナポイント申し込み

次にマイナポータルから「マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み」と「公金受取口座の登録」を行います。

⏩マイナポータルをダウンロード

画像の赤枠部分をタップして、すすめていけばすぐに終わります。

各種申し込み状況はマイナポイントアプリの「申込み状況を確認」をタップすれば確認できます。

2~3日で楽天ペイにてポイントゲット!!

マイナンバーカードの発行から、マイナポイント申請についてはお近くの役所でも行えるみたいです。

スマホじゃない方とかはそちらに相談してみてください。

マイナンバーカードを健康保険証として使うメリットは?

マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようにすると、次のようなメリットがあります。

  • ご本人が同意をすれば、今までに使った薬の正確な情報や過去の特定健診結果を、医師・薬剤師等と共有し、より多くの情報に基づいたより良い医療を受けることができます。
  • 自己負担が一定額以上となった場合に、窓口への書類の持参や加入している医療保険への申請が不要になります。
  • マイナポータルで確定申告の医療費控除が簡単にできます。
  • マイナポータルで特定健診等情報や薬剤情報・医療費が見られます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関には、「マイナ受付」のステッカーやポスターが掲示してあります。

(抜粋 : https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202206/2.html)

マイナンナンバーカード発行のデメリットはあるのか??

  • 個人情報漏洩のリスク
  • セキュリティ体制への不信感
  • 銀行口座との紐づけへの不安

マイナンバーカード発行でポイントをゲットする注意点

  • 時間がかかる
  • 現金ではない

マイナンバーカードの発行から行う場合1ヶ月くらいかかります。そして発行から申請の手続きを行う必要があるので、即金性はないです。

またあくまでポイントで現金ではありません。またマイナンバーカード新規取得でゲットできる5000円分のポイントは、利用する決済アプリに2万円チャージするか、2万円までの利用でポイントキャッシュバックという形になります。

まとめ

以上マイナンバーカード発行で2万円分のポイントをゲットできる方法を紹介しました。

期限が迫っており、駆け込みで発行、申請を行ってる人が多い気がします。

マイナポイントよりも他の補助金とか税をどうにかしろって感じもしますが、よかったらゲットしてみてください。

では。

参考サイト

マイナンバーカード申請 : https://www.kojinbango-card.go.jp/

マイナポイント : https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mykey-get/

マイナポイントのもらい方 : https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202206/2.html

メリット、デメリット : https://life.saisoncard.co.jp/health/second-life/post/c515/#%EF%BC%92%EF%BC%8E%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88