【自家焙煎】aillioの焙煎機Bullet R1 V2を購入してみた!! 【コーヒー】

スポンサーリンク

遂に焙煎機を購入しました!!

購入したのはaillioのBullet R1V2です。

今回はaillioの焙煎機を選んだポイントなどを紹介していきます!!

⏩ aillio JAPAN ホームページ

焙煎機を選ぶポイント

焙煎機を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが役立ちます。以下は、焙煎機を選ぶ際のポイントです。

  1. 焙煎方式:
    • ドラム式、ホットエア、インフラレッドなど、異なる焙煎方式があります。各方式にはそれぞれ異なる特長があり、好みや目的に合った方式を選びましょう。
  2. 制御機能:
    • 温度制御や焙煎時間の調整など、焙煎プロセスを制御できる機能が重要です。特に焙煎のカスタマイズ性が高い機種は、コーヒーロースティングのアートを楽しむ上で有利です。
  3. バッチサイズ:
    • 一度に焙煎できる豆の量を確認しましょう。家庭用機でも異なるバッチサイズがあり、これは焙煎する量や頻度に合わせて考慮する必要があります。
  4. 使いやすさ:
    • 操作が簡単で直感的な機種が望ましいです。焙煎機の使用が複雑すぎると、初心者にとっては挫折の原因になるかもしれません。
  5. メンテナンス:
    • メンテナンスが容易であることも重要です。焙煎機は定期的なクリーニングや保守が必要ですので、それが簡単にできる設計かどうか確認しましょう。
  6. 耐久性と品質:
    • 購入する焙煎機の耐久性や品質に注目しましょう。安価な機種は一時的にはコストを節約できますが、品質が低いと長期的な利用に支障をきたす可能性があります。
  7. 価格:
    • 予算も考慮に入れましょう。機能や性能によって価格が異なりますので、自分の予算に合った焙煎機を見つけることが重要です。
  8. レビューや評判:
    • 同じ機種を利用している他のユーザーのレビューや評判を確認することで、実際の使い勝手や問題点を知ることができます。

これらのポイントを考慮することで、自分に合った家庭用焙煎機を見つけるのに役立ちます。

目的

焙煎機を購入する目的は、

自宅でいつでも焙煎できるようにしたかったからです。

今までは、シェアロースターと言って以前働いていたコーヒーショップの焙煎機を借りていました。

シェアロースターですと、焙煎費用がかかったり、好きな時間にできなかったりと制限があります。

もっと焙煎の追求や販促できるようにしたかったので購入に至りました。

aillioとは

Aillio (アイリオ)
私たちaillio(アイリオ)は、コーヒーの焙煎に関わる問題解決に注目し、ユーザーのコストや時間などの悩みの軽減のサポートをします。焙煎プロセス全体にわたってより良い明確なデータとより多くの操作を可能にする環境に優しい最新の焙煎機を設計しました。

台湾に拠点を置き、ここで焙煎機を製造しています。一方、私たちの創設者はデンマーク出身の双子の兄弟です。デンマークの文化は私たちのデザインと働き方の両方に大きく影響を与えました。
元写真家の革新的なアイデアが、世界のコーヒー業界に参入するという前代未聞の登場を果たしました。そして双子のジョナスとジェイコブ・リリーは、バンコク、コペンハーゲン、台北にオフィスを構え、20人以上のスタッフが加入しました。(HPより抜粋)

aillio Bullet V1 R2を選んだ理由

  • 価格
  • デザイン
  • 焙煎管理
  • 焙煎量(バッチサイズ)
価格

aillio焙煎機は他の業務用焙煎機を作っているブランドと比べると圧倒的に安いです。

日本製のフジローヤルでバッチサイズが1kgの焙煎機でも100万以上します。

aillioは約55万、フジローヤルの半額くらいになります。

本格的に焙煎をやりたいが、価格で手が出しにくい人は多いと思います。

その点aillioの焙煎機は手が出しやすい価格帯と言えます。

デザイン

デンマークでデザインされたこの焙煎機は、シンプルな見た目が良いです。

何より小型でスペースを取らない。

同じバッチサイズだとしても、ここまで小型で設置しやすい焙煎機はないと思います。

焙煎管理

aillioを購入する際に魅力に感じたのが焙煎管理を付属のソフトで管理できることです。

PCに接続することで焙煎プロファイルを記録できるのはもちろん、他のaillioユーザーと共有もできます。

焙煎量(バッチサイズ)

aillio R1V2のバッチサイズは最大1kgの焙煎ができます。

個人で焙煎を行うにはちょうどいいサイズです。

焙煎を始めたい人はまずこれくらいのサイズから始めて、感覚を掴んだら追々サイズを上げていくの良いと思います。

懸念点

  • IH
  • 排気
IH

aillioの焙煎機は熱源が電気になります。これは家庭でも手軽に取り入れやすく火の元の管理がしやすいので良い点ではあるのですが、焙煎の際に日の通りがどういった感じになるのかが気になりました。

今まで半熱風の焙煎機を使用していたので、どういった違いが出るのか気になります。

排気

自宅に設置するので排気が気になります。

焙煎機を設置する場所に合わせてダクトを用意する必要があります。

まとめ

遂に焙煎機を購入したので、これからさらなる焙煎の追求をしていきます!!

こうご期待!!

aillioの焙煎機が気になった人は是非ホームページをチェックしてみてください。

⏩ aillio JAPAN ホームページ

自家焙煎珈琲豆をオンライショップにて販売しています。

よかったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント