【NFTとは?】OpenSeaでNFTを無料出品する方法を紹介!!【仮想通貨】

スポンサーリンク

最近よく耳にするNFT

NFTとは一体何なのか??

今回はOpenSeaでNFTを購入・出品のやり方を紹介していきます。

NFTとは??

NFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)は、代替性のない固有の権利を持つIDと所有者情報、発行個数や回数をブロックチェーンに記録することにより、デジタルコンテンツをはじめとするモノの所有権を証明し、移転追跡可能なプログラムを活用して、販売者及び所有者が二次流通以降の収益を得られる仕組みです。

つまりデータの複製を防ぎ、所有する価値を落ちないようにすることができます。

証明書付きのデータで、世界に決められた数しかないので、価値は高まっていきます。更に通貨は仮想通貨なので、仮想通貨の価値が2倍になれば、NFTも2倍になります(逆もしかりですが…)

NFTは画像、音声、動画、GIF等、基本的に何でも価値を付けることが可能です。

で、NFTを作成し、販売するためには、NFTマーケットと呼ばれる場所で行います。

NFTマーケットは世界に複数あるのですが、その中で、業界最大手のNFTマーケットが、今回紹介するOpenSeaです。

OpenSeaを始めてみた!!

OpenSeaの始め方を説明していきます。

大まかな手順としては

1.国内取引所の口座開設

2.MetaMaskアカウントの作成

3.MetaMaskからOpenseaにアクセス(紐付けする)

手順その1 国内取引所の口座開設

まず仮想通貨のEthereumを購入できる国内取引所の口座開設を行います。

国内の仮想通貨の取引所はCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

コインチェック

ここで、なぜコインチェックにウォレットがあるのにあえてMetaMaskのウォレットの開設が必要となってくるかですが、コインチェックから直接OpenSeaへの連携ができないため、OpenSeaに連携できるMetaMaskを利用して今後は取引を行っていくこととなります。

手順その2 Meta Maskの作成

MetaMaskと呼ばれるウォレット(財布)を作成します。

Meta Maskの作成はOpenseaからアクセスするとスムーズかと思います。

Createをクリックします。

「Ethereum walletが必要です、まだなかったら作ってね」みたいな案内が出ます。

いろいろwalletはあるようですが、いろんなところで使えるらしいMetamaskをクリックします。

Get startedをタップします。

Create a new walletをタップします。

パスワードを設定します。パスワードは8文字以上で設定してください。

設定したら、チェックを入れCreate passwordをタップします。

※パスワードは忘れないように覚えておきましょう。

Secure Recovery Phreaseを設定していきます。Startをタップして進んでいきましょう。

ここから重要な情報になるので紙にメモするなどしましょう。12個の単語がるので、順番と単語をメモしていきましょう。

※資産を守るためにもこの情報は厳重に保管してください。

Continueをタップして先ほどの単語を順番に当てはめてていきます。

※資産を守るためにもこの情報は厳重に保管してください。

あとは「Done」タップ後、規約を確認して「I Agree」をタップすれば完了です。

まだMetaMaskにイーサリアムは空の状態ですので、OpenSeaでNFTの購入はできません。

MetaMaskにイーサリアムを入れる必要があるのですが結構ややこしいです

しかしNFT作品を出品する分には問題ないので、今回はこのまま進めていきます。

手順その3 Meta MaskからOpen Seaにアクセス

Meta Maskを開きます。

左上の方にある三本線みたいのをタップし、BrowserをタップしOpenseaにアクセスします。

Creatをタップします。

Meta Maskを選択します。

アカウント確認してSignをタップします。

Accept and signをタップして完了です。

これでOpenSeaのアカウント作成完了です。

実際にNFTアートを出品してみた!!

OpenSeaにアクセスします。

Createをクリックします。

出品したいアートをアップロードします。NFTはイラスト、写真、動画、音楽、GIF、など、結構幅広く出品できます。

出品するアートの名前を入力します。

External link : 自身の作品ページなどがあればURLを記載してください。

Description : 出品するNFTの説明を記入してください。

Collection : 任意のコレクションを選択します(最初はないです)。

BlockchainをEthereumからPolygonに変更します。

ここを変更しないとガス代と呼ばれる、初回出品時に利用費用が発生してしまいますので気をつけてください。

Createをクリックしたら出品完了です。

NFT購入はCoincheckがオススメ!!

国内の仮想通貨の取引所CoincheckでもNFTを購入することができます!

コインチェック

OpenSeaは海外マーケットで利用がややこしかったりします。

Coincheckなら国内の取引所なので安心安全に利用できるかと思います。

NFTの購入を検討している方は、一度Coincheck(コインチェック)

覗いてみてください。

まとめ

以上NFTを無料で出品する方法を紹介しました。

まだまだマイナーなNFTですが今後発展しそうな予感がするので、今のうちに触れておいて損はないと思います!

気になる方は是非!では。

コインチェック

コメント