【NFT初心者】MetaMask(メタマスク)とは?登録のやり方を紹介!!【仮想通貨】

スポンサーリンク

NFTに興味がある

NFTゲームを始めたい

仮想通貨を管理したい

などなどで必要になってくるのが、メタマスクというウォレットです。

今回はMetamaskの登録方法を解説していきます!!

Metamaskとは??

Metamaskとは、仮想通貨を保管できるWallet(お財布みたいなもの)です。

普段現金を財布や銀行口座で管理するのと一緒で、仮想通貨を管理するものです。

NFTの購入やゲームを始めようとしている方は必須になりますので、さっさと用意しておきましょう!!

Metamaskの登録方法

まずはMetaMaskをダウンロードします。

手順その1アプリダウンロード

PCの場合はChromeブラウザにインストールしてください。

Chrome用インストールリンク

スマホの場合は以下のリンクからダウンロードしてくだい

iOS】【Android

手順その2 ウォレット作成、パスワード設定

アプリを起動し、「開始」→「新規ウォレットを作成」をタップして進めていきます。

手順その3シードフレーズの確認、保管

パスワードまで設定したら、次はシードフレーズ(複数単語のパスワード)を確認、設定していきます。

「開始」をタップして進めていきます。

「表示」をタップすると12個の単語が表示されます。この単語と順番を紙などにメモしておきます。

⚠️資産を守るための重要な情報です。厳重に保管してください。

メモしたら、順番に単語を選択していきます。

「完了」をタップし、規約に同意したら完了です。

MetaMaskに通貨を送金するやり方

アプリを開くと画像のような画面になります。赤枠部分のアドレスをコピーして取引所から送るだけです。

⚠️送金する際に送るネットワークを間違えないようにしてください。最悪通貨が消える可能性があります。

オススメの取引所

取引所はちょくちょくメンテナンスが入るんので2つ以上開設しておくことをおすすめします。どれも無料で開設できます。

Coincheck

シンプルで操作が簡単です。

bitFlyer

1円から始められ、セキュリティ対策も万全です。

まとめ

以上MetaMaskの登録方法を紹介しました!

  • ダウンロード
  • アカウント設定
  • シードフレーズの確認、保管

3ステップできます!!仮想通貨を触れるのに必須なので、ささっと登録しましょう。では。

Metamask以外にも仮想通貨を分散して管理するには↓

Ledger Nano X 暗号通貨ハードウェアウォレット
ビットコイン、イーサリアム等の多くの仮想通貨に対応。安心の正規代理店。


コメント