【必須】オーストラリアワーホリ必見!!Tax File Number取得方法【仕事】

スポンサーリンク

ワーホリでオーストラリアに来たらほとんどの人が働くと思います。

その時に必ず必要なのがタックスファイルナンバーになります。

今回はそのタックスファイルナンバーの取得方法について紹介します。

銀行開設についてはこちら↓

ネットで申請

まずはHPにアクセス。

Australian Taxation Office Top page
Australian Taxation Office Top page - Individuals

「Individual」から「Tax file Number」の項目にある「Apply for a TFN」をクリックします。

ATO - Apply for a TFN

一番上の「Foreign passport holders,permanent migrants and temporary visitors」をクリック

ATO - Foreign passport holders

中央の「Apply online for a TFN」をクリック

ATO - Individual Auto-Registration 1
ATO - Individual Auto-Registration 2

申請条件や注意徐行の説明が書かれてるページ。Nextをクリック。

ATO - Individual Auto-Registration 3

パスポート情報の入力。

ATO - Individual Auto-Registration 4

個人情報の入力。

ATO - Individual Auto-Registration 5

取得済みTFN、ABN、CRN情報の入力。初めて取得する場合は全部NOで大丈夫です。

なぜ必要なのか??

オーストラリアでは日本と同じように、1ドルでも収入を得ると納税の義務が発生します。雇用主が所得税は源泉徴収のうえでオーストラリア国税局(通称 ATO)に納めています。税務局が発行する納税者番号をTax File Number (TFN) タックスファイルナンバーといい、オーストラリアで就業する場合に必要となります。ワーキングホリデービザや学生ビザなどの就業可能なビザが無いと申請することができません。TFN取得は一人につき1回付与され、一生涯その番号を使用するようになります。TFNを申請しないで働いた場合、所得に対して最高税率が課せられますので、就業される方は必ず取っておきましょう。

取得の際の注意

  • 名前

Family name(苗字)とFirst given name(名前)の順番を間違えないようにしましょう。

  • 郵便番号

オーストラリアの郵便番号は4桁です。サバーブによって違うので注意しましょう。

  • 一ヶ月以上滞在する住所

申請してから28日以内に登録した住所に届きますので、最低でも一ヶ月滞在する住所を登録しましょう。

  • 紛失

Tax File Numberは一度申請したら、一生その番号を使うことになります。なので手紙に記載されてる番号を必ずどこかに控えておきましょう。

まとめ

Tax File Numberの取得はワーホリでオーストラリアに来たらまず最初にやるべきことの一つです。

英語が全くできなくて不安や心配もあるかと思いますが、簡単ですので早めに済ませましょう!

では!

TAXについてはこちら

コメント