【ワーホリ】ファームジョブで稼ぐ!!バックパッカーの1日を紹介!!【セカンドビザ】

スポンサーリンク

今回はバックパッカーでの1日や、ファーム生活で必要なものなどについて説明しようと思います。

Ayrのバックパッカーについてはこちら↓

スポンサーリンク

Silverlinkで凱旋しているファーム

  • チャーリーファーム
  • ラピサダビッグファーム
  • ロッキーファーム

以上の三つがメインのファームになります。それぞれでピッキングチームやプラティングチームなどがあります。また女性向けに屋内の仕事(パッキングや仕分け)も凱旋しています。

僕はチャーリーファームで働いていたので、その時の様子を説明します。

1日の流れ

6:00 起床

6:30 バンに乗ってファームに移動

7:00 作業開始

9:00 Smoko(休憩、Smoke&Coffeeの略らしい)

9:15〜30 作業再開

12:00 Lunchtime

12:45〜13:00 作業再開

14:00~16:00 終了

バックパッカーに戻ってChill

こんな感じで週5〜6日働いていました。1日の労働時間は大体6〜8時間。

チャーリーファームではPlanting(苗植え),Weeding(草むしり),Picking(カプシカムの収穫)をやりました。

僕の場合4月の終わり頃から仕事をもらえたので、Plantingからスタートし5月の終わり頃にはPickingに移行してました。その後シーズンが本格化するにつれ働く人も増え、後々PickingとPlantingにわかれます。が、後でできたPlanting teamの作業が遅くて土曜日は全員Plantingをする状況になってました。正直Plantingが一番きついです。果てしないです。Plantingの場合は午後2時過ぎ、Pickingの場合は午後4時に終わります。

チャーリーファームはシーズンに入ってしまえば週5〜6日働いてで午後4時には終わるのでかなり安定していました。他のファームだとその年の出来次第では忙しかったり、急に休みになったりしていました。ちなみに一番稼げるのはロッキーファームです。働こうと思えば週7で1日10時間くらい働けたと思います。一番きついファームではありますが。

ピックするものはカプシカムになります。チャーリー以外のファームはメロン、スイカ、カボチャなどのPickingもありましたがチャーリーファームはカプシカムオンリーでした。1日8時間カプシカムを取り続けるのです。

プチ情報ですが、チャーリファームは男女混合で働いていました。男女ともに同じ仕事をします。Pickingの始まるときにスーパーバイザーと仲良くしておくとソーターというポジションにつけます。これはトラックに乗ってピックされたカプシカムを仕分けするポジションです。Plantingからやっている日本人の女性はやらせてもらえる確率は高いです。ピッキングよりは体の負担が少なく日焼けもしないポジションです。

服装や必要なもの

服装は実際何でもいいです。半袖、半ズボンでもいいです。大体の人がファーマーが着る蛍光色のポロシャツを着てやってました。枝などで肌を傷つけたくない人、日焼けしたくない人は長袖をお勧めしますがめっちゃ暑いです。7月くらいになると寒くなってくるのですが、早朝にパーカーを羽織る程度すみました。

必要なものは、

くらいです。全部Ayrで調達できます。Silverlinkのレセプションにも中古の服など売ってます。僕はカッパとかも持って行ったんですが必要なかったです。ほとんど降らなかったです。作業中に降ったとしてもすぐ止んでました。

気をつけることは、Plantingがあまりにも遅いとクビになります。Pickingで取りこぼしがあってもクビになります。スーパーバイザーに嫌われたらすぐクビです。最初はきついですが段々慣れてきますし、真面目に取り組んでればよっぽどのことがないとクビにはなりません。むしろ親しくなってきます。

あとは身体へのケアは忘れずに。外での作業になるので熱中症には気をつけて下さい。あとずっと屈んだ状態になるので腰常に痛い状態になります。それが原因で辞める人もしばしば…。

ファームはレセプションに言えば変更してもらうこともできます!もし続けらそうになかったら変えてもらいましょう。

体に気をつけてEnjoy farm Life!!


コメント