【海外旅行】メルボルンからウルルまでロードトリップ!!まさかの滞在延長…【ワーホリ】

スポンサーリンク

前回の記事でキングスキャニオンからユララに逆戻りしてきたことを書きました↓

今回は滞在延長したということで、ユララリゾートについてもう少し詳しく紹介していこうと思います!!

OUTBACK PIONEER HOTEL&LODGE

荷物は全て車の中なので今回はこちらのロッジに泊まることにしました。

部屋は一つの部屋に二段ベッドが二つ。エアコン付き。一番安い部屋でこれなら十分だと思いました。

キャンプ場と比べると施設も多く、レストラン、BAR、キッチン、ギフトショップ、プールなどかなり充実してます。

サイドにはチェアーなどもありキャンプ場のプールより、いい感じでした。

ウルルが見えるLookoutの一つもこちらの施設内にあります。

フードも充実↓

フィッシャーマンズバケット
ライブステージ
Barがあって、奥にはビリヤードスペースもある

一方その頃…

相方はメルボルンへ…

リゾート内にはアボリジニもいる!!

リゾート内にはアボリジニの人が結構います。ウルルは観光地とかしていますが、もともとは先住民アボリジニの土地です。なので政府と協力して運営がなされています。登山が禁止になったのもアボリジニの意思を尊重してとのこと。

リゾート内では彼らは絵を描いたり、ギフトショップとは別で書いた絵を販売したりしています。またアボリジニによる独特な絵のワークショップも行われているみたいなので興味がある方参加されてみてはどうでしょうか??

リゾート内の移動手段

リゾート内の移動は自車、歩き、もしくは無料のシャトルバスが出ています。日中は暑いのでリゾート内はシャトルバスをうまく利用しましょう。

補足

今回たまたま泊まったこちらのロッジですが、宿泊しなくてもBarとかに出入り可能です。なので食事やLookoutに行ったりと、キャンプ場に泊まってても楽しめます笑。ウルルは早朝、夕方が観光しやすいので日中は時間が空きがちです。リゾート内の施設を使って有意義に過ごしてください。では!

コメント