【ワーホリ】メルボルンの交通機関で必須!!Mykiについて紹介!!

スポンサーリンク

メルボルンでは、バス、電車、トラム(路面電車)と公共の交通機関があります。

これらを利用するときに必ずいるのがMykiカードです。切符とかないので、乗車するときに必ずいるます。

今回はそんなMykiについて解説していきます!

購入方法

以下の場所で購入できます。

  • PTVハブ
  • セブンイレブン全店を含む、800店以上のmyki取扱い小売店
  •  駅の切符販売所
  •  駅や主要なトラムやバス停留所のmyki販売機 (正規料金カードのみの販売)
  • バスの車内販売(最高20ドルまで)

駅構内の駅員さんがいるところで「I’d like to buy Myki」I want to Myki」とかいうえば通じます。

Mykiカード自体はA$6、乗車賃は必要な分だけチャージすれば大丈夫です。通常二時間以内なら$4.4で、1日ならA$8.8です。

チャージの仕方

チャージはカードを購入した場所でできます。下の画像のような機会があるので、カードをセットしてチャージできます。セブンイレブンとかでもレジやってくれます。

「mykiチャージ マシン」の画像検索結果

チャージの対応は2種類。

Mike Pass

頻繁に公共交通を利用する方は連続した日数分をチャージして ください。週5日以上のご利用であれば、myki Passのほうがお 得です。

以下はゾーン1+2で7日利用した場合の運賃比較です

myki Money $56.80(Dailyx5日分 + 週末Daily x 2日分)

myki Pass $44.00(Pass 7日分)

Mike Money

たまにのご利用であれば、必要に応じてお支払いください。カー ドに入金しておけば、ご利用の度にmykiが乗車区間に基づい て一番安い運賃を計算してくれます。

その日に最初のタッチでは2時間運賃が、2時間経過後も公共交 通をご利用される際は1日運賃が適用されます。

紛失もしくは破損した場合

ただ紛失した場合はほぼ諦めるしかないでしょう。ただ登録することで被害を抑えることができます。

mykiを登録することでき、簡単にお使いのカードの管理ができます。登録により、カード の紛失や盗難の際にカードの利用停止ができます。また、オンラインでトップアップ もできるようになります。mykiの登録は、ウェブサイト(ptv.vic.gov.au)か電話(1800 800 007)で行ってください。

Mikeは割れたりするだけでタップができなくなります。駅の切符販売所に行けば新しいカードと交換してもらえます。ただデータが移管するのに2〜3日かかるので注意してください。

タップは忘れずに!!

公共交通機関を利用する際に必ずMykiを入り口でタップしなければなりません。

メルボルンは交通機関がいろいろあってシティ郊外にすでる人はかなりの頻度利用することになると思います。

この交通機関なのですが、タップするところはありますが、改札とかは何もありません。

なので、無賃乗車が可能なんです!改札のあるシティ内でも無賃乗車する強者もちらほら…

見つかると罰金!!

「myki inspector」の画像検索結果"

そんな中、インスペクターというやつらが存在します。彼らは乗車客がちゃんとタップしてるか見回りに来ます。もし遭遇した時にタップしてないと、住所やIDを控えられ後日手紙が送られてきます。

その手紙に処罰が書いてあります。

僕も一度捕まってしましい、一ヶ月くらいで送られてくると言われたのですが来ず、二ヶ月後にワーホリが終わりすでにオーストラリアから離れていました。がしかし、シェアメイトから手紙が来たと教えてもらい、

結果、A$248の罰金…涙

いろいろ調べたところ、払わないと日本まで請求書が来るとか、またオーストラアに入る際に問題が発生するかもとか、本当か定かではありませんが不安を煽られたので即支払いました。

ネットで支払いができるといことは、ネット上で管理されてるということだと思います。なので払わないと勝手に罰金が加算されてくことになります。恐ろしい。

出国してから手紙を送ってるくるあたり悪意を感じました笑。自分が悪いのですが笑

皆さんは捕まらないようにちゃんとタップしましょう!

まとめ

簡単にまとめると

  • 駅やセブンイレブンで買える
  • チャージして使う
  • 乗るとき必ずタップする

かなり省略するとこんな感じです!

ちなみにシティ内(範囲的に大体フリンダース駅などシティループない)のトラムは無料なので、タップする必要もカードもいりません!

以上Mykiの紹介でした!では。

メルボルンでの移動はUberもオススメです↓

コメント