【ワーホリ】海外送金に便利!!トランスファーワイズの使い方を紹介!!

スポンサーリンク

ワーホリで稼いだお金を日本に送金したい!!

だけど「どうやって送ればいいかわからない」「手数料ってどうれくらいかかるの?」

という疑問があると思います。

なので今回は便利な海外送金ツールを紹介していきます。

トランスファーワイズとは??

トランスファーワイズとは海外送金サービスのことです。通常の送金と同様に、送金先と金額と通貨を指定し、実行すれば振込が完了する。従来の国際送金との違いは、別通貨に換金されないことで換金手数料を抑える点である。

日本語対応してますので、英語に自信がなくても大丈夫です!!

Transuferwiseで送金

送金にかかる費用

JPYからオーストラリアへの送金を行う場合、少額の固定手数料(155 JPY + 両替え額の0.79%)が手数料になります(必ず事前に送金手続きにて確認できます)。

下の表は日本からオーストラリアへ1000円送る場合にかかる、為替、送金費、受取金額です。

他と比べると送金費がかなり抑えれます!!

ちなみにAUDから日本への送金を行う場合、少額の固定手数料(3.79 AUD + 両替え額の0.66%)が手数料になります(必ず事前に送金手続きにて確認できます)。

登録

会員登録ボタンをクリックし、無料でアカウントを作りましょう。ウェブサイトもしくはアプリから登録できます。必要なものはメールアドレス、もしくはGoogleかFacebookのアカウントがあれば大丈夫です。

送金のやり方

  1. 身分証明書、マイナンバーなどを自前に用意しておく。
  2. 送金額+あなたの情報を登録する

  Get startedをクリック

  • 1ページ目

金額を入力します。通過を間違えないように気をつけましょう。

  • 2ページ目

名前、電話番号の記入をします。

  • 3ページ目

送金先を選択します。

  • 4ページ目

身分証明書をアップロードします。

  • 5ページ目

マイナンバーカードをアップロードします。

  • 6ページ目(初回のみ)
  • 7ページ目

送金目的を選択します。

  • 8ページ目

詳細を確認します。

  • 9ページ目

利用規約に同意します。

  • 10ページ目

入金方法を選択します。

  • 11ページ目

振込先銀行の詳細が表示されます。Transferwiseは一度会社の口座を経由しますので、記載されてる口座に振込しましょう。

入金できましたら「すでに入金しました」をクリックします。

その後入金確認のメールがとどきます。

メールが届いてから数日で振込が完了します。日本からオーストラリアですと大体1〜2日くらいです。

一応着金予定日に振込先にお金が振り込まれているか確認しましょう。着金予定日は前後することもあります。

アプリで送金する場合でも流れは一緒になります。

振込先が同じ場合は登録することでリピートできるので、定期的に送金する場合も便利です。

Transuferwiseで送金

日本とオーストラリアの違い

日本とオーストラリアでは使い方が少し異なります。

TransferWiseでは、日本円に限らず、様々な通貨を取り扱っております。 しかしながら、本人確認は送金される国・通貨別に異なり、送金手続きの中で本人確認を行うよう設計されています。 これは安全に送金を行うためであり、日本の規制遵守のためでもあります。

送金を行う前にお客様のIDにて本人確認を行います。 住所確認の手続きは、初回の送金が10万円以上の場合、もしくは2回目の送金時に必要となります。 日本から海外への送金(仕向送金)を実施される際、本人確認が完了していない場合、下記の手順に従って手続きを完了させていただく必要があります。

初回の送金額が10万円以上もしくは、二回目以降の送金時には本人確認と住所確認の両方の手続きが完了している必要があります。

確認住所にアクティベーションコードが届くのでQRコードからログインしアクティベートしましょう。

補足

オーストラリアでTransferWiseの登録をした場合、それを日本で使う場合は登録変更をしなければなりません。

ログインする時に電話番号を変更するよう指示されますので、変更しましょう。変更が完了するのに二日くらいかかります。

まとめ

海外で長期滞在やお金を送ってもらうならTransferwiseがかなりお得です!!

高額な現金の持ち歩きは危険なので、こう言ったものうまく利用しましょう!!では。

Transuferwiseで送金

コメント