【ワーホリ】自由に稼ぐ!実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやってみたinメルボルン

スポンサーリンク

時間があるときに自分のタイミングで稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)。

今回は実際にUber Eats(ウーバーイーツ)をやってみて仕組みや感じたことを紹介していきます。

Uber Eatsのやり方

まずアプリを開きます。すると真ん中にGOボタンがありますのタップします。するとオンラインになりますのであとはリクエストが入るまで待ちます。

リクエストを受ける

リクエストが入りましたら鳴ってる間にタップしてお店まで料理をピックしに行きます。

この時現在地から店までの距離と何分で着くかも表示されますので、遠いなとーか感じたりしたらDeclineのボタンを押せば断ることもできます。僕は自転車でやっているので5分以上なところはあまり取りません。

ピックアップ

お店に着いたら店員さんに画面を見せて料理を受けとります。料理を受け取ったら、項目にチェックを入れDELIVERY STARTのボタンを押して配達開始になります。

ドロップオフ

配達ルートは画面に表示されますので、それを見ながら指定の住所まで配達します。注文者に料理を渡して、画面のDELIVEREDをタップして配達完了です。

数秒すると稼いだ額が表示されます。以上が一連の流れになりますのであとは繰り返しやるだけです。金額は距離によって変わってきます。だいたい一回の配達で稼げる額はA$6~A$9になります。

メリット

  • 時間に縛られない
  • 自転車の場合運動になる
  • 地理に詳しくなる

デメリット

  • 常に安定して稼げるとは限らない
  • 天候によってはハード

稼ぐコツは?

ある程度の配達をこなしたらBOOSTが働くようになります。これはある時間帯にあるエリアで配達をすると通常の1.1倍〜の金額を稼げるようになります。大体昼は12〜13時の間、夜は18〜21時の間に発生し場所はメルボルンですとシティやセントキルダの方でよく発生します。なのでこの時間を狙って働くのが効率良く稼げるとおもいます。

まとめ

以上Uber Eats(ウーバーイーツ)について紹介しました!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でがっつり働くもよし、セカンドジョブで小遣い稼ぎもよし、自分にあったスタイルでできるので登録しておいて損はないと思います!

Uber Eats(ウーバーイーツ)を有効活用して有意義な生活をしてください!では!

コメント