【コーヒー器具】いろいろある!! 焙煎機の種類、ブランドを紹介!! 【自家焙煎】

スポンサーリンク

コーヒーの焙煎機には国産のものもあれば、海外製のものも存在します。

それぞれ特徴やデザインがあり、魅力があります。

今回は焙煎機の種類、ブランドを紹介していきます!!

スポンサーリンク

伝導と対流

焙煎における熱伝達は、主に伝導と対流2つのメカニズムで起きます。伝導はフライパンで卵を焼くように直接的な接触を通して熱を伝える仕組みであるのに対し、対流では液体や気体の循環や移動によって熱が伝えられます。

対流を活用すれば、コーヒー豆に熱を均一化つ効率よく伝えられるため、一定以上の品質の熱風式焙煎器であれば、他のどのタイプの焙煎器よりもうまく豆の内部をディベロップさせられます。一方伝導を使った焙煎手法だと、ローストフレーバーを持つコーヒーができます。好みは別にして、純粋な対流式焙煎は、対流式と伝導式を組み合わせた焙煎方法よりも、フレーバーとボディの両面で、より繊細なコーヒーを生み出すと言えます。

焙煎機の種類と構造

焙煎する時にまめに対する火の通し方には以下になります。

直火式

豆が入る回転ドラムにパンチ穴が開いており、網状になっている。すぐ下に熱源があり、網目を通って火が直接当たるため、原理は手編み焙煎と同様。豆の持つ風味のキャラクターがそのまま出る傾向があるが、加熱温度のコントロールが難しく、味がばらつきやすい。

熱風式

回転ドラムには穴がなく密閉されており、熱源が直接ドラムにあたらない。熱源によって加熱された熱風がドラム内の吸気口から取り込まれ、排気口から出る仕組み。温度を熱風の流速によって調整するため、コントロールしやすく安定した味を作りやすいが香味が軽くなる傾向もある。

半熱風式

熱源の位置は直火式と似ているが、ドラムは網状ではなく豆に火が直接あたらない。熱源でドラム自体を加熱しながら同時に熱風も取り込むので「半熱風式」と呼ばれ、直火式と熱風式の特徴を併せ持つ。熱風式よりも設置がコンパクトなので、小・中型にこのタイプが多い。

エスプレッソ用とフィルター用の焙煎

エスプレッソ用の焙煎では、ある程度伝導熱を取り入れたいと考える人もいます。ミルクドリンク用のエスプレッソブレンドの焙煎には、ある程度の伝導熱を活用する意味があるかもしれません。伝導熱によってもたらされるボディと深みは、伝統的なカプチーノやラテの味わいを求めてる人に適しているでしょう。

焙煎機ブランド

フジローヤル(日本)

FUJI ROYALは日本の企業が製造しているコーヒー豆の焙煎機です。このブランドの焙煎機は、家庭用から商業用まで幅広いモデルを提供しており、その高品質と耐久性で知られています。FUJI ROYALの焙煎機は、コーヒー豆の風味を最大限に引き出すための精密な温度管理と均一な焙煎が可能で、コーヒー愛好家や専門家から高い評価を受けています。また、操作性やメンテナンスのしやすさも魅力の一つとされています。

FUJI ROYAL製品の強み
  • 壊れにくいシンプルな構造と、日本製の良質な素材を採用した堅牢なつくり
  • 排気ダンパーの調整で、ロースター内の排気量を自在にコントロール
  • 経験年数に応じた焙煎を可能にするシンプルな操作性
  • 替え部品の供給、修理、メンテナス、オーバーホールなどの保守体制も万全
  • 仕様のカスタマイズにも対応

FUJI ROYAL HP

ローリング(Loring , アメリカ)

LORING ROASTERは、完全熱風式の焙煎機で、 内部循環式の燃焼方式を採用。
焙煎中の酸素の影響を抑え豆のポテンシャルをキープ。 外気の影響をうけにくい構造と焙煎終了時の 高速冷却システムは、焙煎終了後の化学変化を抑制。
また、コンベクションにより、 やさしく熱を加えて焼くことで、
豆の内部と外部の加熱ムラを 最小限に抑えることが可能です。(DCSより抜粋)

ローリング焙煎機の強み
  • クリーンカップに定評
  • 情報量が多く、焙煎プロセスを数値管理
  • 焙煎に影響する可変要素を軽減
  • 煙突掃除が不要
    外気の影響を受けない
    蓄熱がなく、同じ環境で焙煎が可能
  • 幅広い焙煎レンジ(Min20% -ロースターサイズまで)

⏩ LORINGホームページ

ミルシティロースターズ(Mill City Roasters、アメリカ)

Mill City Roasters(ミルシティロースターズ)は、アメリカ合衆国ミネソタ州に本拠を置くコーヒー焙煎機のメーカーです。彼らは高品質ながら手頃な価格の商業用およびクラフト焙煎機を提供しており、小規模なカフェから中規模のコーヒーロースタリーまで、幅広い顧客に対応しています。

Mill City Roastersの焙煎機は、ユーザーが焙煎プロセスを細かく制御できるように設計されています。温度管理、風速調整、焙煎プロファイルの記録など、精密な操作が可能な機能を備えているため、一貫した品質のコーヒー豆を焙煎することができます。また、教育リソースや焙煎クラスを提供することで、コーヒー焙煎の技術と知識の普及にも貢献しています。

Mill City Roastersは、その使いやすさ、耐久性、そしてコミュニティへのサポートにより、コーヒー業界内で高い評価を受けています。

ミルシティロースターズ焙煎機の強み

ミルシティロースターズの焙煎機の強みは以下のようにまとめられます:

  1. 精密な温度制御:高度な温度管理機能を備えており、焙煎プロセス中の豆の温度を正確に制御できます。これにより、一貫した品質のコーヒー豆を焙煎することが可能です。
  2. ユーザーフレンドリーな操作性:直感的な操作パネルやソフトウェアを採用し、焙煎プロファイルの設定や調整を簡単に行えます。また、焙煎プロセスをリアルタイムでモニタリングできるため、ユーザーは細かい調整を行いやすくなっています。
  3. 耐久性と信頼性:高品質な材料と優れた製造技術を用いることで、長期にわたる使用に耐えうる耐久性を確保しています。定期的なメンテナンスを行うことで、長年にわたって安定した性能を維持できます。
  4. 教育とサポート:ミルシティロースターズは、焙煎機の販売だけでなく、焙煎に関する教育プログラムやワークショップを提供しています。これにより、初心者からプロフェッショナルまで、ユーザーが焙煎技術を学び、向上させることができます。
  5. コミュニティとの連携:コーヒー焙煎業界内での活動だけでなく、オンラインフォーラムやSNSを通じて、焙煎業者やコーヒー愛好家とのコミュニティを形成し、情報交換や相互支援を促進しています。

これらの強みにより、ミルシティロースターズの焙煎機は、品質、操作性、サポートの面で多くのユーザーから信頼されています。

⏩ ミルシティーロースターズ日本代理店

ビューラー(Bühler、スイス)

Bühler(ビューラー)は、スイスに本社を置く国際的な技術会社であり、食品加工機械、穀物処理機械、およびその他の産業用機械の分野で広く知られています。Bühlerはコーヒー焙煎機も製造しており、その製品は高品質で高効率な焙煎プロセスを実現することで知られています。

Bühlerの焙煎機は、特に大規模なコーヒー加工施設や商業ロースタリーを対象としており、一貫した品質と焙煎の再現性、高いエネルギー効率、および環境への配慮を特徴としています。これらの機械は、精密な温度制御、柔軟なプロセスパラメータの調整、大量生産にも対応可能な容量など、先進的な技術を採用しています。

また、Bühlerはサステナビリティを重視しており、エネルギー消費の削減、排出物の最小化、生産プロセス全体の効率化に焦点を当てた製品開発を進めています。このように、ビューラーの焙煎機は、大規模なコーヒー生産者にとって、高品質な製品を持続可能な方法で生産するための信頼できるソリューションを提供しています。

ビューラー焙煎機の強み

ビューラー焙煎機の強みは、以下の点に集約されます:

  1. 高度な技術とイノベーション:ビューラーは、最新の技術とイノベーションを焙煎機に組み込んでおり、精密な温度制御、均一な熱分布、高速な冷却システムなどを特徴としています。これにより、一貫した品質のコーヒー豆を焙煎できます。
  2. 持続可能性への配慮:エネルギー効率の高い設計と運用を重視しており、CO2排出量の削減、エネルギー消費の最小化、および全体的な環境影響の軽減を実現しています。
  3. スケーラビリティと柔軟性:小規模から大規模までの生産ニーズに対応するための様々なモデルを提供しており、ビジネスの成長や生産量の変化に応じて適切な焙煎機を選択できます。
  4. 操作性とユーザーインターフェース:直感的な操作パネルやソフトウェアを通じて、焙煎プロセスの細かい調整が可能であり、ユーザーは焙煎プロファイルを簡単に管理できます。
  5. アフターサービスとサポート:グローバルなサービスネットワークを有しており、インストール、トレーニング、メンテナンス、技術サポートなど、購入後の包括的なサポートを提供しています。

ビューラー焙煎機は、これらの強みを通じて、コーヒー業界において高い評価を受けており、持続可能かつ効率的なコーヒー生産のための信頼できる選択肢となっています。

⏩ ビューラーHP

プロバット(Probat、ドイツ)

Probat(プロバット)は、ドイツに本拠を置き、世界中で広く知られているコーヒー焙煎機のトップメーカーの一つです。プロバットは1868年に設立され、長い歴史を持ちます。高品質なコーヒー焙煎機を製造しており、小規模なカフェから大規模なコーヒーロースタリーまで、様々な顧客のニーズに対応しています。

プロバットの焙煎機は、その精密な温度制御、均一な焙煎能力、耐久性、そしてユーザーフレンドリーな操作性で高く評価されています。また、彼らはコーヒー焙煎の科学と技術に関する深い知識を持ち、顧客に対して包括的なトレーニングとサポートを提供しています。プロバットは、サステナビリティと環境への配慮も重視しており、エネルギー効率の高い焙煎機の開発にも力を入れています。

プロバット焙煎機の強み

プロバット焙煎機の強みは以下の通りです:

  1. 高度な技術と品質:プロバットの焙煎機は、精密な温度制御と均一な熱分布を実現する高度な技術を採用しており、一貫した品質のコーヒー豆を焙煎できます。また、高品質な材料と製造プロセスにより、耐久性と信頼性が非常に高い製品です。
  2. 柔軟な焙煎オプション:プロバット焙煎機は、さまざまな焙煎プロファイルをサポートし、小ロットから大量生産まで、様々なニーズに対応する柔軟性を持っています。これにより、特定の豆の特性や顧客の好みに合わせた焙煎が可能です。
  3. エネルギー効率の良さ:エネルギー消費を最小限に抑える設計が施されており、持続可能な生産プロセスをサポートします。これにより、運用コストの削減にも貢献しています。
  4. 包括的なトレーニングとサポート:プロバットは顧客に対して、焙煎機の操作方法から焙煎技術に至るまで、幅広いトレーニングとサポートを提供しています。これにより、焙煎機を最大限に活用し、高品質なコーヒーを一貫して生産することができます。
  5. 国際的なネットワークと信頼性:プロバットは世界中に顧客を持ち、国際的なサービスネットワークを展開しています。長い歴史と実績により、コーヒー焙煎業界で高い信頼性を誇ります。

プロバットの焙煎機は、これらの強みにより、世界中の多くのプロフェッショナルなコーヒーロースターから選ばれています。

ディードリッヒ(Diedrich、アメリカ)

Diedrich Roasters(ディードリッヒ・ロースターズ)は、高品質なコーヒー焙煎機を製造している会社です。アメリカ合衆国に本拠を置くこの企業は、小規模なカフェから大規模な商業ロースタリーまで、さまざまな規模のニーズに対応する焙煎機を提供しています。

ディードリッヒの焙煎機は、その優れた熱効率、均一な焙煎能力、そして使いやすさで知られています。特に、赤外線バーナーを使用した焙煎方式は、コーヒー豆を均一に加熱し、豊かな風味とアロマを引き出すことができます。また、ディードリッヒの焙煎機は、精密な温度制御と熱管理が可能で、焙煎過程の細かな調整を行うことができます。

ディードリッヒ・ロースターズは、その高品質な製品だけでなく、顧客サポートと教育プログラムにも力を入れており、焙煎技術の向上をサポートしています。コーヒーロースタリー業界で高く評価されているブランドの一つです。

ディードリッヒ焙煎機の強み

ディードリッヒ焙煎機の強みは以下の通りです:

  1. 均一な焙煎:ディードリッヒの焙煎機は、赤外線加熱技術を使用しているため、コーヒー豆に均一な熱を提供し、一貫した品質の焙煎を実現します。
  2. 精密な温度制御:高度な温度管理システムにより、焙煎プロセス中の温度を細かく制御できます。これにより、焙煎師は繊細な風味の調整が可能となります。
  3. エネルギー効率の良さ:赤外線バーナーは熱効率が高く、従来の直火式や熱風式の焙煎機に比べてエネルギー消費を削減します。これにより、運用コストの節約にもつながります。
  4. 環境への配慮:エネルギー効率の良い焙煎プロセスは、CO2排出量を減らし、より環境に優しい選択肢を提供します。
  5. サポートと教育:ディードリッヒは、購入後の顧客サポートだけでなく、焙煎技術に関する包括的な教育プログラムも提供しています。これにより、焙煎師は自身の技術を向上させ、品質の高いコーヒーを一貫して提供することができます。

ディードリッヒ焙煎機はこれらの強みにより、特に品質と効率を重視するコーヒーロースタリーから高い評価を受けています。

KENZO COFFEE ENGINEERING (DIEDRICH日本代理店)

ギーセン(Giesen、オランダ)

はい、Giesen(ギーセン)はオランダに本拠を置く、高品質なコーヒー焙煎機の製造メーカーです。ギーセンは特に、その精密な工芸技術、ユーザーフレンドリーなデザイン、および焙煎過程の細かな制御が可能な高度な機能性で知られています。

ギーセンの焙煎機は、小規模なスペシャルティコーヒーショップから、大量生産を行う商業ロースタリーまで、さまざまなニーズに対応する幅広いモデルを提供しています。これらの焙煎機は、均一な熱分布を実現するための精密な温度制御機能、焙煎プロセスのリアルタイムモニタリングを可能にするソフトウェア、およびエネルギー効率の良さなど、高い性能を備えています。

また、ギーセンは顧客サポートと教育にも力を入れており、焙煎機の操作方法から焙煎技術に関する知識まで、顧客が高品質なコーヒーを焙煎できるようにサポートしています。このような特徴とサービスにより、ギーセンは世界中のコーヒーロースタリーから高い評価を受けています。

ギーセン焙煎機の強み

ギーセン焙煎機の強みは以下の通りです:

  1. 精密な温度制御と均一な熱分布:ギーセンの焙煎機は、精密な温度制御機能を備えており、焙煎プロセス全体を通じて均一な熱分布を実現します。これにより、一貫した品質のコーヒー豆を焙煎できます。
  2. 高度なカスタマイズとプロファイリング機能:ギーセンの焙煎機には、焙煎プロファイルを細かく調整し、保存する機能があります。これにより、ロースターは独自の焙煎スタイルを開発し、再現性の高い焙煎を実現できます。
  3. ユーザーフレンドリーな操作性:直感的な操作インターフェースと、焙煎プロセスをリアルタイムでモニタリングできるソフトウェアを備えています。これにより、焙煎師は焙煎プロセスを細かく管理しやすくなります。
  4. 優れたエネルギー効率:ギーセン焙煎機はエネルギー効率が高く設計されており、熱損失を最小限に抑えることで運用コストを削減します。
  5. 幅広いモデルとカスタマイズオプション:小規模な手回しロースターから大規模な商業用ロースターまで、さまざまなニーズに合わせたモデルとカスタマイズオプションを提供しています。これにより、様々な規模のコーヒーショップやロースタリーが、自社に最適な機器を選択できます。

これらの強みにより、ギーセンは世界中のコーヒーロースターから選ばれ、信頼されています。

ギーセン ジャパン 公式サイト

Bellwether Coffee

Bellwether Coffeeの特徴

全電動式のBellwetherの業務用焙煎機。導入時のガス栓や煙突工事も一切不要。

焙煎経験を必要としない無煙・全自動のコーヒー焙煎機が、世界中のあらゆるカフェに自家焙煎ビジネスの機会を届けます。

 世界最小レベルのCO2排出量を実現するBellwetherの焙煎機なら、環境へのインパクトを抑えながら、味、鮮度、品質面での差別化も可能です。

焙煎機を選ぶポイント

業務用焙煎機を選ぶ際に考慮すべきポイントはいくつかあります。

以下は、焙煎事業者が焙煎機を選択する際に考えるべき重要な要素です

  1. 焙煎量の規模: まず、焙煎機の選定において焙煎する量を考慮することが重要です。焙煎するコーヒー豆の量に応じて、適切な焙煎機のサイズを選ぶ必要があります。
  2. 制御機能: 焙煎プロセスを細かく制御できるかどうかが重要です。温度、焙煎時間、風速などのパラメータを調整できる焙煎機を選ぶことで、異なるコーヒー豆に適した焙煎プロファイルを実現できます。
  3. 冷却システム: 焙煎後の効率的かつ均一な冷却が品質に影響します。焙煎機が適切な冷却システムを備えているか確認しましょう。
  4. エネルギー効率: 省エネルギーかつ効率的な焙煎機を選ぶことで、運用コストを削減できます。エネルギー効率の高いモデルを検討しましょう。
  5. 自動化機能: 自動化機能があると、操作が簡素化され、生産性が向上します。焙煎機がプリセット機能や自動制御機能を持っているか確認してください。
  6. メンテナンスのしやすさ: メンテナンスが容易かつ頻繁な点検がしやすい焙煎機を選ぶと、トラブルが少なく、運用が安定します。
  7. 予算: 予算も焙煎機の選定に影響します。適切な性能を持つ焙煎機を予算内で見つけることが重要です。
  8. 耐久性と信頼性: 長期間安定した運用をするために、焙煎機の耐久性と信頼性が重要です。信頼性のあるメーカーからの機器を検討しましょう。
  9. サポートとトレーニング: メーカーが適切なサポートやトレーニングを提供しているかどうかも考慮するべきです。正しい操作やトラブルシューティングに関するサポートがあると、運用がスムーズに行えます。

これらのポイントを考慮して、焙煎機を選ぶことで、コーヒー豆の品質向上や効率的な生産が可能となります。

まとめ

焙煎機の世界は、技術の進化と共に日々新たな発見があり、それぞれの機種が独自の特徴と強みを持っています。小規模なホームロースターから大規模な商業用ロースターまで、自分のニーズに合った焙煎機を見つけることが、最高のコーヒー体験への第一歩です。この記事が、あなたのコーヒー焙煎の旅において有益な指針となり、理想の一杯を追求する上でのインスピレーションとなれば幸いです。コーヒー焙煎は、科学と芸術の融合です。それぞれの焙煎機が持つ無限の可能性を探求し、あなた自身のコーヒーストーリーを紡いでいきましょう。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube