【ドリップコーヒー】ペーパーフィルターの色が違うと味は変わるのか??

コーヒー
スポンサーリンク

ドリップコーヒーを取り扱う際に必要な物の一つにペーパーフィルターがあります。

使った子がある人なら見たことあると思うのですが、このペーパーフィルターには白いのと茶色いのがあります。

いったい何が違うのか検証していこうと思います。

色が違うのはなぜ??

なぜフィルターの色が違うのかというと、漂白してあるか、してないかです。

色が違うことによって何が変わる??

茶色いペーパーフィルター

漂白していない、未晒しともいう。

漂白されてないので、フィルターのの匂いが気になることがあります。コーヒー豆はを入れてお湯を通した時に紙の匂いが付いてきて香りや味に若干の変化を感じるかもしれません。

白いペーパーフィルター

漂白済み。

おそらく白いペーパーフィルターの方が使用率は高いと思います。コーヒー器具が売ってるお店でも白のみを扱ってるところが多いです。

漂白済みの方は紙の匂いとかがないので、抽出したコーヒーに紙の匂いとかで変化はありません。もし懸念されることがあるとしたら漂白したということでしょうか。漂白剤を利用したことが気になる方も中にはいるかもしれません。

湯通ししよう!!

ドリップでコーヒーを抽出する前に行う動作で、豆をセットする前に湯通しすることをオススメします!!

ドリッパーやサーバーを温めるために行うのですが、湯通しすることでどちらの色のペーパーフィルターを使っても、気になる香りや、残留してるかもしれない漂白成分を流すことができます。

まとめ

コーヒーフィルターの色の違いについてお伝えしました。

ポイントは

抽出する際に湯通しする

です。

正直匂いとか味の変化については気になるほど感じることは、どちらのフィルターを使ってもありません。どちらも品質を保証してるから販売されてるので安心して使用してください。

有意義なコーヒーライフを。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました