【SNS】Instagramの画像をTwitterで表示!! IFTTTを使ってみた!!

スポンサーリンク

今の時代、情報発信をする上でSNSを使うのは当たり前となってます。

その中でもInstgramユーザーはかなり多いとおもいます。

そこでInstagramの投稿をTwitterや他のSNSでシェアする人もいると思うのですが、この時、投稿した文しかシェアされません。肝心の画像が表示されないのです。

ですがIFTTTというアプリを使えばその悩みも解決できます!!

今回はIFTTTというアプリについて紹介していきます!!

IFTTTとは

一言で言えばSNSやWebサービスを連帯できるアプリです!!

活用例でいうと

  • Instagramの投稿をTwitterにも表示
  • Instagramの投稿をFacebookにも表示
  • Youtubeで動画アップロードしたことをTwitterでお知らせ

などなど色々アレンジでき効率良く多くのメディアで発信できるのです!!

アカウント登録

まずはHPにアクセス→IFTTT

メールアドレスを入力し、パスワードを設定してSign upします。

FacebookやGoogleアカウントでもSign upできます。

実際に使ってみた

アプリでのホーム画面。コネクトしてる一覧が表示されます。

まず画面のGet moreをクリックします。

色々表示されますが、一番上の「Serch」にInstgramと入力して検索します。

するとInstagram関連でつなげることができるアプレットが出てきます。

Twitterと連帯するためには画像の二つ目のInstagram-Twitterのアプレットをタップします。

するとConnectというスライドできる項がありますので、そちらをスライドします。

Instagram、Twitterでそれぞれアカウントへのログインを要求されますので、連帯させたいアカウントにログインすれば完了です。

連帯が完了しますとホーム画面に連帯しているメディアが表示されます。

実際の使用例

Instagramに投稿します。

通常登校する際にTwitterなどにも投稿を設定しても画像は表示されません。

自動でTweitterにも反映されました!!

URLがift.tt/2WTO48hとなっています。これはIFTTTと連帯で表示されるURLです。

こちらをクリックするとInstgramのページに飛びます。

まとめ

以上IFTTTについて紹介してきました。

僕個人はInstagram、Twitter、YoutubeなどをIFTTTを利用して繋げています。やはり文字だけよりも画像が含まれていた方が見る側の印象も大分変わると思います。

他にも色々連帯させることができますし、複数のメディアを運営してる方は使うことをお勧めします!!

効率よく運営したい方は是非試してみてください!!では。

コメント