【コーヒー生産地】ジャマイカのブルーマウンテンコーヒー 5つの魅力を紹介!!【豆選び】

スポンサーリンク

コーヒー愛好家たちの間で特別な存在とされているジャマイカブルーマウンテンコーヒー。世界中でその名を知られるこのコーヒーは、どんなに忙しい朝も、一瞬で心を癒してくれる魔法のような力を持っています。しかし、このコーヒーがなぜこれほどまでに特別なのか、その理由は明確に知られていないかもしれません。今日は、ジャマイカブルーマウンテンコーヒーが世界中の人々に愛され続ける5つの魅力を紹介します。この記事を読めば、あなたもそのファンになること間違いなしです!

正式名称 : ジャマイカ

人工 : 268万人

面積 : 11424平方km

首都 : キングストン

気候 : 熱帯気候だが、標高が高い地域は気温が低く、降水量が多い

言語 : 英語

コーヒー年間生産量 : 35万t

ジャマイカは東部のブルーマウンテン山脈がそびえ、国土の大部分が低い山地地帯という自然豊かな島。ジャマイカの名前は先住民の「XAYMACA(森と水の大地)」に由来します。弱酸性の土壌と豊富な雨量、昼夜の寒暖差が8℃以上というコーヒー栽培に非常に適した環境のもと、高品質な豆が生産されています。

1953年、ジャマイカ政府はコーヒーの品質管理を目的として、コーヒー・インダストリー・サポート(CIB)を創設した。ここでは世界で初めて地理的な特定地域をコーヒーの銘柄として定義付けをし、ブランドを構築したのである。以後ジャマイカから輸出されるコーヒーはすべてCIBのもと管理されるが、なかでもブルーマウンテンの定義は厳密だ。それは「法律で指定されたブルーマウンテンエリアで栽培せれ、かつ法律で指定された精製工場で加工処理されたコーヒー」というものだ。

スポンサーリンク

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの紹介

ジャマイカのブルーマウンテン地区で育つコーヒーは、世界中で愛されています。この地域は、高い山々と美しい自然に囲まれ、コーヒー豆が成長するのに最適な環境を提供します。ここで育つコーヒー豆から作られるコーヒーは、その味わいがとても特別とされています。

独特な味わい:ジャマイカブルーマウンテンの特徴

一般的にはバランスの取れた甘い香味であると言われている。特徴としては酸が少なく、ミディアムローストで飲みやすい点が挙げられるだろう。コクはないので深いローストには耐えられないが、上質の豆となるとベルベットのような滑らかな口当たりを持っている。

  • 深い味わい
  • すっきりとした後味
  • 豊かな香り

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーは、その独特な味わいで知られています。深みがありながらも、口の中をすっきりとさせてくれる後味、そして豊かな香りが魅力。このような特徴が、世界中の人々を虜にしているんだ。

生産地の魅力:なぜ特別なのか

  • 高い山々
  • 豊かな土壌
  • 適度な雨量

ジャマイカのブルーマウンテン地区は、高い山々、豊かな土壌、そして適度な雨が降ることで、コーヒー豆の栽培に最適な条件が整っています。この自然環境が、コーヒー豆に特別な味わいを与えているのです。

こだわりの栽培方法と品質保持

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの生産者たちは、品質を保つために大きな努力をしています。例えば、

  • 手摘みで収穫すること
  • 厳しい品質管理を行うこと

これらの工夫が、コーヒー豆の品質を高め、特別な味わいを生み出しています。

栽培

カリブ海の島のコーヒーがカトゥーラ種に植え替えられていく中で、ジャマイカは栽培品種の95%がティピカ種である。1月〜4月に開花し、収穫するのは8〜9月です。

精製はウォッシュトが主流だが、最近では一部でセミウォッシュトが増えてきている。ブルーマウンテン地区のクライスデールでは1800年、英国人により栽培施設が創設された。

等級

ブルーマウンテンはスクリーンサイズと欠点数で等級が決まる。70kg樽につき、スクリーンサイズ17/18以上がNo.1、16/17以上がNo.2、15/16以上がNo.3と分類されていく。いずれも欠点数の最大は3%。そのほかにも、ピーベリー(丸豆で欠点数の最大が3%)やトリエージ(No.1~No.3の豆の中で外観色の薄いもの(欠点数の最大は4%)がある。

主な農園

クライスデール農園

法律で定められたブルーマウンテンエリアに位置し、熱帯雨林に覆われた大自然にある。1800年に英国人マクラーティー博士によって創設された。この地区で収穫されるコーヒーの品質は当時から評判が高く、そのことを知った近隣の農民たちは次々とコーヒーの栽培を始め、やがてはクライスデール地区の全域に広がった。

アンバーエステート

地域 : セントアンドリューの北東部

平均標高 : 1150〜1400メートル

栽培品種 : ティピカ、カトゥーラ

精製方法 : ウォッシュト

飲むべき5つの理由:ジャマイカブルーマウンテンコーヒー

  • 独特の深い味わいが楽しめる
  • すっきりとした後味が心地よい
  • 香り高い一杯でリラックスできる
  • 品質の高さが保証されている
  • 特別な体験を提供するコーヒー

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーを飲むことは、ただコーヒーを飲むということ以上の体験を提供します。その特別な味わいと品質で、あなたのコーヒータイムをより豊かなものにしてくれることでしょう。

自宅で楽しむ:おすすめの飲み方

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーを最大限に楽しむためには、以下の飲み方をおすすめします。

  • ドリップコーヒーでじっくりと
  • ミルクを少し加えてマイルドに

自宅でのんびりと、この特別なコーヒーを楽しんでみてください。あなたのお気に入りの飲み方が見つかるかもしれません。

まとめ

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの世界を少しでも皆さんにお届けできたら幸いです。この記事を通じて、その独特な味わいや、生産に込められた愛と情熱を感じ取っていただけたなら嬉しい限りです。毎日のコーヒータイムに、ジャマイカブルーマウンテンコーヒーを選ぶことで、特別なひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。コーヒー一杯で旅するように、遠く離れたジャマイカの自然とその文化に触れることができます。これからも、一杯のコーヒーがもたらす小さな奇跡を大切にしていきましょう。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント