【コーヒー生産地】秘境探訪イエメンのコーヒーの魅了5選!!

スポンサーリンク

コーヒー愛好家の皆さん、こんにちは!今日は、コーヒーの愛好家たちの間で話題の秘境、イエメンのコーヒーについて深掘りしてみたいと思います。イエメンといえば、その古い歴史と独特の風土で知られていますが、コーヒー愛好家にとっては、まさに宝の山です。イエメンのコーヒーは、その独特な味わいと生産方法で、世界中の人々を魅了し続けています。この記事では、イエメンのコーヒーの起源から、その魅力的な特徴、そして伝統的な生産方法に至るまで、イエメンコーヒーの全てを紐解いていきます。さあ、一緒にこの素晴らしいコーヒーの旅に出発しましょう。

正式名称 : イエメン

人工 : 2238万人

面積 : 555000平方km

首都 : サヌア

言語 : アラビア語

気候 : ほとんどが砂漠気候だが、地域や標高で変化がある。高原地帯は8〜9月に雨季がある。

コーヒー年間生産量 : 1.17万t

スポンサーリンク

イエメンコーヒーの起源

エチオピアと並んでコーヒーの源流と言われるのが、イエメンである。

イエメンはコーヒーの歴史において、とても大切な国です。ここから、コーヒーが世界中に広まりました。イエメンでコーヒーがどのように栽培され始めたかを紹介します。

  • イエメンの歴史: 15世紀にイエメンでコーヒーが初めて栽培されました。この地でコーヒーは特別な飲み物として、多くの人々に愛されるようになりました。
  • 世界への広がり: イエメンの港町モカから、コーヒーは世界の他の地域へと運ばれました。モカという名前は、今でもコーヒーの一種を指す言葉として使われています。

イエメンのコーヒーが世界に広がる過程は、冒険のようなものでした。海を越え、新しい土地で栽培方法が学ばれ、多くの人々の生活に欠かせないものとなりました。

イエメンの習慣として、乾燥後のチェリーの殻の外皮、果肉をキシルと呼び、これは飲料用として流通されている。イエメンにはエチオピアのようにコーヒーを飲む習慣はない。その代わりに、キシルをカルダモンや生姜などと一緒に煮出したカハワと呼ばれるものが広く愛飲されている。

イエメンコーヒーの特徴

イエメンのコーヒーは、その栽培方法や味が他の国のコーヒーとは異なります。イエメン独自の特徴を見てみましょう。

  • 独自の味: イエメンのコーヒーは、フルーティーでスパイシーな味がします。この味は、イエメンの豊かな土壌と高地での栽培によるものです。
  • 栽培方法: イエメンでは、コーヒーの木が自然のままの状態で育てられます。肥料や化学薬品を使わず、自然に任せて育てるため、環境にも優しいです。

水分値が高い状態で保存されるため、輸出港の高温多湿なところでの選別作業や保管によって香味にダメージが与えられてしまい、発酵臭が伴うことが多くなる。高品質の豆の場合だと、果実や赤ワインのような複雑な香味があり、産地特性の良さを感じられる。

イエメンのコーヒーは、自然と人の手によって大切に育てられています。この特別なコーヒーを飲むときは、その歴史や文化も一緒に味わっているようなものです。

イエメンコーヒーの魅了1選: モカの故郷

イエメンは「モカコーヒー」の故郷として知られています。この部分では、モカコーヒーについて紹介します。

  • モカコーヒーとは: モカコーヒーは、イエメンのモカ港から名付けられました。特有のチョコレートのような味が特徴です。
  • 味の特徴: モカコーヒーは、甘くてフルーティーな味わいがあります。この独特の味は、コーヒー愛好家にとって大変魅力的です。

モカコーヒーは、その歴史と特別な味で、多くの人々に愛されています。このコーヒーを飲むことで、イエメンの豊かな文化を体験することができます。

イエメンコーヒーの魅了2選: 独特の栽培地

イエメンのコーヒーは、独特の栽培地で育てられています。ここでは、その理由を探ります。

  • 自然の恵み: イエメンの高地では、豊かな土壌と適

度な降水量がコーヒー栽培に最適な条件を提供します。

  • 高地での栽培: 高い場所で育つコーヒーは、ゆっくりと成長します。これが、豊かな味と香りを生み出す秘訣です。

主な生産地

首都サヌア近くのハラズ、バニマタル、ハイマ地方が高級豆の産地として有名である。コーヒー業者がこの地方のコーヒーのことを総称して「サナニ」と呼ぶこともある。

ハラズでは10月〜12月が主な収穫期間である。高級輸出品のコーヒーはこの時期にまとまって手摘みされている。イエメンには、ワディと呼ばれる涸れ谷の農園と、峡谷の斜面のテラスがある。(テラスとは棚畑のこと)。ワディは山岳地帯の峡谷の川底にあり、標高1500mほどの場所にある。ここは雨季以外だと枯れているが、伏流水が流れているよで、この場所を訪れると、土地が痩せているように見えるが、見事な実がなる不思議な産地である。

一方のテラスは、標高2200mもの高地にあり、ここで生産されたコーヒーは高級輸出豆となる。現地では、ワディで収穫されたコーヒーの方がテラスのものよりも評価が高いとされているようです。

価格について言えば、トレーサビリティ が明確であるハラジ、マタリ、ヘイミは高価格となっている。日本ではモカマタリというコーヒーが流通しているが、モカマタリのトレサビリティは明確ではなく、本来のマタリは、ハラズと同じ地方のバニマタルで収穫されたコーヒーのことを指し、価格が高いため日本での流通もごくわずかである。

ハラズ

首都サヌアの南に位置し、高級豆の産地として知られる。零細農家が大部分で、3〜4回のサイクルで手摘みされる。

所在地 : ハラズ地区

平均標高 : 1000~1500m

栽培品種 : エチオピアから伝来した古い品種

精製方法 : ナチュラル

イエメンの独特の地形は、世界でも類を見ないコーヒーを生み出します。この特別な環境で育ったコーヒーは、まさに自然の奇跡と言えるでしょう。

イエメンコーヒーの魅了3選: 伝統的な生産方法

イエメンでのコーヒー生産は、古くから伝わる方法で行われています。この部分では、その伝統的な方法を見ていきます。

  • 手摘みでの収穫: コーヒーの実は、一つ一つ丁寧に手で摘み取られます。この方法は、実を傷つけず、品質を保つのに役立ちます。
  • 乾燥プロセス: 収穫後のコーヒー豆は、自然な日光の下でゆっくりと乾燥させられます。この伝統的な方法によって、豆は独特の風味を保ちます。

精製方法

ナチュラルでの精製で、チェリーを民家の屋根などで1週間ほど乾燥する。半乾燥のまま保管され流通するが、生産地やサアナ近郊では、気候が冷涼で乾燥しているのでカビは発生しない。

品種

エチオピアから持ち込まれた古い品種がそのまま残り、固有の品種を構成していると考えられる。ここではイエメン在来種とする。古くからのコーヒーの起源の記録が残っている。

イエメンのコーヒー生産は、長い時間と手間をかけて行われています。この丁寧な作業によって、世界に誇れる品質のコーヒーが生み出されているのです。

まとめ

イエメンのコーヒーについての旅はいかがでしたか?この国のコーヒーが持つ豊かな歴史、独特な風土での栽培、そして伝統に根ざした生産方法は、一杯のコーヒーに込められた情熱とストーリーを物語っています。イエメンのコーヒーは、ただの飲み物ではなく、文化や歴史、そして人々の絆を味わうことができる特別な存在です。この記事を通じて、イエメンコーヒーの新たな魅力を発見していただけたなら幸いです。最後に、イエメンのコーヒーを実際に味わってみることで、その独特な風味と魅力を直接体験してみてください。きっと、コーヒーに対する新たな理解と愛情が深まるはずです。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

コメント