【スペシャリティコーヒー】コーヒー生産国台湾、魅力的な理由4選!!

スポンサーリンク

台湾と聞いて、皆さんが最初に思い浮かべるのはどんなイメージでしょうか?豊かな自然、繁華な街並み、美味しいグルメ…そんな多彩な魅力を持つ台湾ですが、実は「コーヒー生産国」としての顔も持っています。この記事では、台湾コーヒーがなぜ特別なのか、その秘密を4つのトップ農園を通じて探っていきます。台湾の豊かな風土が育んだ、こだわり抜かれたコーヒーの世界へと、ご案内しましょう。

台湾のコーヒー生産は、20世紀の間に何度も浮き沈みを繰り返しながら、その歴史を刻んできました。しかし、21世紀に入ってからは経済的にも品質的にも、上昇トレンドを形成しつつあります。

九州本島とほぼ同じ面積ながらも、人口密度は九州の倍近く、沿岸部の年に人口が集中している。

台湾先住民は人口のわずか2.3%にすぎず、それ以外の大多数は17~19世紀および1945~1949年にかけて中国本土から移り住んだ民族で構成されている。

一年を通して温暖な気候だが、夏は非常に蒸し暑い。

台湾は世界屈指の半導体生産国である。半導体がなければ現代の電子機器(そして社会全体)はたちまちシャットダウンしてしまう。

台湾では近年お茶とコーヒーの消費量が逆転し、お茶の消費量が1人あたり年間1.4kがであるのに対し、コーヒーは1.8kを記録している。

スポンサーリンク

台湾コーヒーの始まり

台湾コーヒーの始まりはイギリスの商人が1881年に100本の苗木を植えたことが始まりとされています。しかし、日本の統治下に置かれるまで、コーヒー栽培は規模も熱意も乏しいものでした。

日本の統治下にあった1895年から1945年までの間に台湾の近代化が飛躍的に進み、この時期に生まれた産業の一つがコーヒーでした。日本の科学者と役人は、台湾がコーヒー栽培に適した環境であると判断し、1902年には熱帯植物の栽培農場が設立されました。

その後10年にわたり台湾各地でコーヒーの試験栽培が行われ、多くの民間企業がコーヒー栽培に着手しました。1933年に流行したさび病が業界に大きな痛手を与えたものの、第二次世界大戦前には栽培面積が1000ヘクタール近くまで拡大します。

ところが、コーヒーには活力を高める効果があるにもかかわらず、軍にとっての必需品とはみなされなかったため、コーヒー産業に従事していた人や資源は他の産業に転用されることになります。その傍ら、さび病の流行は衰えを見せず、農園の規模の小ささも相まって、台湾産コーヒーは高価なうえに品質が安定せず、戦後日本が台湾から引き揚げると、ほとんど栽培されなくなります。

戦後の変化

1950年代の世界的な生豆価格の上昇に伴い、台湾のコーヒー産業は再びつかの間の状況を見せるも、本格的な盛り上がりを迎えたのは、1970年代に日本文化が台湾のコーヒー消費に影響を及ぼし始めてからでした。その頃になると台湾中のカフェがこぞってサイフォンで入れたてのコーヒーを提供するようになりました。1杯の値段が3ドルと、当時にしては大変高価だったこともあり、大切なデートや会合でカフェを訪れる人が多かったようです。こうしてコーヒーは贅沢と経済的成功のシンボルとなりました。

1999年に台湾中部に壊滅的な被害をもたらし、2500名近くの死者を出したジージー(集集)の大地震(921大地震)です。生き残った住民や農家は、今後どうやって生計を立てていくか、難しい決断を迫られます。一部の農家にコーヒーの栽培、精製、焙煎の経験があったことに加え、ジージーはコーヒー栽培に適した標高と穏やかな気候に恵まれていることもあり、地域住民は政府の協力を得てコーヒー栽培を再開しました。その後まもなくスペシャリティコーヒーのカフェが次々とオープンしました。2003年、台湾政府と民間企業が停滞して第1回台湾コーヒーフェスティバルを開催する一方、台湾コーヒー生豆品評会は人気バリスタ に台湾各地のコーヒーをカッピングする機会を提供しました、これをきっかけに、スペシャリティコーヒー文化が台湾の地に根付いたのです。

台湾コーヒーの魅力とは?

台湾のコーヒーは、その独特の味わいで多くの人々を魅了しています。この魅力を理解するためには、台湾コーヒーが持つ以下の特徴を見ていく必要があります。

  • 自然の恵み豊かな土地:台湾は山が多く、豊富な雨と温暖な気候がコーヒー豆の栽培に最適な環境を提供しています。
  • 独自の栽培方法:農家の方々は、世代を超えて受け継がれる伝統的な方法と最新の技術を組み合わせ、質の高いコーヒー豆を育てています。
  • 多様な味の選択肢:台湾のコーヒーは、フルーティーな味わいから、深みのあるチョコレートのような風味まで、さまざまな味を楽しむことができます。

これらの要素が合わさることで、台湾コーヒーは世界中で愛される独自の味を生み出しています。

台湾コーヒー生産国の歴史

台湾でのコーヒー栽培は、長い歴史を持っています。初めてコーヒーが台湾に持ち込まれたのは、数百年前にさかのぼりますが、本格的な生産は近年になってからです。この変化の背景には次のような要因があります。

  • 伝統と革新:伝統的な農法を守りつつ、新しい栽培技術の導入により、品質が向上しました。
  • 国内外の需要増:世界中でコーヒーの人気が高まる中、台湾産のコーヒーへの関心も高まっています。

歴史とともに成長し続ける台湾コーヒーは、今後も多くの人々に愛されることでしょう。

魅力的な理由4選

理由1: 美味しさが詰まった秘密

台湾のコーヒーには次のような特徴があります。

  • 選び抜かれた種類:最高品質のコーヒー豆のみを選んで栽培しています。
  • 手間ひまかけた栽培:豊かな土壌と適切な気候のもと、農家の方々は丁寧にコーヒー豆を育てています。

この農園のコーヒーは、その手間ひまが味わいに反映されています。

アラビカ種が主に栽培され、ティピカとカティモールの交配種が大部分を占めているが、SL34、ゲシャ、ブルボン 、ティピカを栽培している地域もあります。

理由2: 自然と人の手が生んだ逸品

  • 自然環境の利用:山の斜面を利用した栽培が、特有の風味をコーヒー豆にもたらしています。
  • 熟練の技:農家の方々の長年の経験が、品質の高いコーヒー生産につながっています。

台湾のコーヒーは、自然と人の共作による芸術品です。

理由3: 伝統と革新の融合

  • 伝統的な方法:古くからの方法を大切にしながら、
  • 新技術の導入:最新の技術を取り入れることで、より良いコーヒー豆を生産しています。

台湾では、過去と未来が融合しています。

理由4: 豊かな風土から生まれる味わい

  • 特別な場所:特定の地域のみで栽培される、希少価値の高いコーヒー豆。
  • 風土を活かした栽培:その地域ならではの風土を生かして、特別な味わいを持つコーヒーを生産しています。

台湾のコーヒーは、その土地ならではの味を楽しむことができます。

台湾コーヒーを楽しむためのコツ

台湾コーヒーを最大限に楽しむためには、以下の点に注意しましょう。

  • 正しい淹れ方:コーヒーの種類に合わせた淹れ方を学び、実践することが大切です。
  • 新鮮なコーヒー豆:できるだけ新鮮なコーヒー豆を選び、購入後は適切に保存しましょう。

これらのコツを実践することで、台湾コーヒーの真の魅力を引き出すことができます。

台湾コーヒー生産国の未来

台湾コーヒー業界の未来は明るいと言えます。以下のような理由から、その将来性は非常に高いと期待されています。

  • 品質の向上:継続的な研究と技術革新により、台湾コーヒーの品質はますます向上しています。
  • 国際的な認知:世界中で台湾コーヒーが認められ、需要が増加しています。

これらの要因により、台湾コーヒーはこれからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

まとめ

台湾コーヒーの旅を通じて、私たちは台湾がコーヒー生産国として持つ無限の可能性と、それを支える人々の情熱に触れることができました。4つの魅力的理由それぞれが持つ独自のストーリーは、台湾コーヒーがただの飲み物ではなく、文化であり歴史であることを教えてくれます。この記事をきっかけに、皆さんも台湾コーヒーの深い味わいとその背景にある物語を、ぜひ自分で探求してみてください。台湾コーヒーとの出会いが、新たな発見と感動をもたらすことを心から願っています。

オンラインショップにて自家焙煎珈琲豆を販売しています!!

良かったらチェックしてみてください!!

⏩DIGGIN TRIP COFFEE STORES

⏩DIGGIN TRIP COFFEE メルカリShops

SNSにてコーヒーにまつわるあれこれを発信しています!!

Instagram

Threads

⏩youtube

合わせて読みたい!!
合わせて読みた!!

コメント