【ワーホリ】メルボルンでバリスタになるには??失敗しないためにすること【仕事】

スポンサーリンク

メルボルンに訪れる人の中には、メルビルンのコーヒー文化に魅了され、「おしゃれなカフェで働いてみたい」「自分もラテアートをやってみたい」ということでバリスタを目指す人も多いのではないでしょうか?

僕もメルボルンに滞在してバリスタをやってみたい!と思うようになりました。

しかし実際仕事探しはなかなかうまくいかず…

その際色々情報を調べたり、集めたりしていたので、今回はメルボルンでバリスタ事情についてお伝えします。

バリスタになるのに必要なこと

  • 経験

これはバリスタに限らずメルボルンで仕事を探す際にほとんどの仕事に求められます。

特にメルボルンのカフェはとても忙しいです。1日に何百杯ものコーヒーを作らなければなりません。コーヒーの種類も多い上に、さらにオプションが加わります。それを瞬時に理解してお客様に提供しなければならないので経験というか慣れが必要なのです。忙しいプレッシャーのなかでも笑顔で働ける人を求めています。ラテアートも必須になります。

  • 知識

上記でも少し触れていますが、メルボルンはコーヒーの種類とオプションが多いです。それを全て覚えなければなりません。またグラインダーのアジャストやグラム数、抽出時間の調整などの基本知識が必要です。

エスプレッソマシーン以外にもフィルターコーヒーやドリップコーヒーの知識もあるとプラスになると思います。

※バリスタをやるにはサティフィケイトが必要と言われますが、あまり関係なく経験とコーヒーを作れるかどうかのが重要です。

準備

メルボルンに来て経験もなしにいきなりカフェにレジュメを配ってもバリスタになるのはほぼ無理だと思います。まず相手にされません。なのでバリスタに向けてある程度準備する必要があります。

  • 学校に通う

メルボルンにはバリスタコースがある学校が幾つかあります。3〜4ヶ月かけて基礎知識やラテアートを一から学べます。その中でもインターンができる学校があります。実際にカフェで働くことができるので、経験を得た状態で卒業できるのです。運が良ければインターンをしたカフェでそのまま働ける可能性もあるようです。

  • 日本にいるときから経験を積む

メルボルンに行く前からバリスタに興味がある方は、日本にいるときからカフェで働いて経験を積むのがいいと思います。日本とメルボルンでは色々違いますが、経験があるといえます。

  • 個人レッスンを受ける

メルボルンでバリスタを目指す人のために個人レッスンもあります。学校に通ったが自分のスキルにイマイチ自信が持てない人が受けたり、また就職対策を行ってるところもあります。

行動すること

  • レジュメを配る

準備ができたらひたすらレジュメを配りましょう!メルボルンには100件以上のカフェがあります。レジュメを渡してすぐに「コーヒー作ってみて!」言われることもあります。別日にトライアルを受けることもあります。根気が必要な作業になりますが頑張りましょう!

  • SNSを使う

Facebookにメルボルンのバリスタグループがあります。そこには「仕事探してます!」と投稿することもできますし、カフェからの「バリスタ募集」の投稿を見ることができます。家とかでもチェックできますので、そこからゲットにつながる可能性を広げましょう!

注意すること

  • 違法賃金

メルボルンではバリスタになりたい人がたくさんいます。なのでカフェにはたくさんの応募が来ます。それを利用して違法賃金で雇う所も少なくはありません。バリスタとして初めて仕事探しをしてる人にとってはどこでもいいからとにかく働きたい!と思うかもしれません。が雇用形態がしっかりしていて、ちゃんと知識があり指導してくれるオーナーの元で働くことをお勧めします。

いくらバリスタがしたいからといって違法賃金で働くことはありません。

  • ビザの期限

オーストラリアワーホリで働く際に気をつけることの一つにビザの期限があります。同じ職場で最大6カ月しか働けません。雇う側としては、嘆く働いて欲しいのでビザの残りが3〜4カ月だとなかなか雇ってくれません。

その他

  • まずはウエイターから!

まずはカフェで働くということから始めるのも手段の一つだと思います!ウエイターなどの職種もあるのでホスピタリティーの経験があればゲットしやすいと思います。そこから空いた時間などに教えてもらったりすればバリスタの道も開けるかもしれません。

  • ボランティア

給料はもらえませんがボランティアでバリスタとして学んだり、経験を得ながら、働くことができます。学校と違い学費がかからないのがいいですね。ボランティアしながら仕事探しをするのもアリだと思います!

最後に

僕自身メルボルンに一年滞在してバリスタの仕事を探していました。ついた最初の頃は経験がなく撃沈。お金がなく学校にも通えなかったので一度諦めましたが、やっぱりやりたくなり、ボランティアで学んだり、経験を積みました。それからまた仕事探しをしましたが、ビザの期限が短くゲットには至りませんでした。

僕はボランティアでしたがバリスタの仕事ができて、とても楽しかったし良い経験ができました。

もしメルボルンでバリスタの仕事を探そうと考えてる方は、早めに行動することをお勧めします。なかなか返事がもらえずくじけそうになると思いますが応援してます!決して無理ではないと思いますので頑張って下さい!

コメント